Star☆Rainbow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JPN当たったー!!!!!!!いえー!うえー!

JPNツアー、満杯の東京ドームを観てから、
Perfumeを観たい人の多さに圧倒されて、
もうすっかりとんでもなくPSPSなPerfumeになってしまった…と
チケット取れるか不安だったけれど自分も家のものも取れた!!!
遠征できる余裕が今のところないので、埼玉1択。
確認画面を見て思わず泣きそうになった。

Twitterの当選報告をみてると
神戸は激戦のようだったけど、今回はPTA枠でとれた人が多い気がする。
嬉しい阿鼻叫喚TLを観てるだけでなんだか物凄く嬉しくなって
祝い酒を飲みにいった。ダメだったら残念会をしようとおもってた。


【Glitter】感想
やっぱり青い衣装が凄くいい!!!!!!!!
イントロ好き!そして「立ち上がるにはいるのGLITTER」のところがなんかもう泣けてくる。
あと「変な石」と思ってた人が何人かいるようで面白かった。
Mステはカメラの切り替えが早すぎてよくわからなかったが、Mステで踊りを堪能。
結構シンプル?流れるような体の動き。
頭に指をやる振り付けが、「トンチ、ハテナ、ワカランチン」といってるようだ。
(絶対言ってないだろうが)


【スパイス】感想
衣装がまた物凄くかわいい。絵に描いてわかったけど、ベルト部分が凄く凝ってる。
でサビが好みだな~とおもってたら、まさかの凄いイントロ!
スペイシー!ギャラクシー!Take offはロケットの発射の緊張感という感じだったが
こっちはもっと空間の広がりのような。最近ご無沙汰だった「近未来」を音で打ち返された感じ!!!
ドラマはボブカットの深キョンがかわいい。

【そのほか】
今年は攻めというより猛攻という感じ。トイレが近すぎるというしょうもない体のせいで
フェスにはいけてないけど、サマソニの衣装もえらいかわいい。ダンスコンテストの映像では
しみじみPerfumeは色んな人たちに愛されてるな…ということを感じた。
ミニステであ~ちゃんが、ダンスコンテストに応募してくれてる人の「背景」にも思いをめぐらせていて
これまたぐっときた。

個人的にはマフラーさんの応募を待っていた。セラミクロニさんも観たかった。
あとスペインの人たちにも残ってもらいたかったな。
青い衣装で綺麗なそうでない人の人たちの踊りも良かったし、なわとびの人たちの最後の決めもよかった。
凄い激しいジャズダンス風の女性にも目が釘付けに。Perfumen、マリメッコの3人共に可愛らしい。
ほとんどの動画をみたけれどみんな凄いよ!かっこいいよ。

来週はシングル発売だし、もう落ち着く暇もない。
スポンサーサイト
Perfume |

東京ドームに向けて

個人的な感想であり、人によって何がヒットするかヒットしないかがあることを予め注記する。
東京ドームの前に両A面以降に思ったことを書いておく。

【PEPSI_NEX】
曲自体は原曲もいいのでなんともいえない。love meの部分はもっとかしゆか風味を聴きたかった。終わりの間奏は遊びすぎ?お尻をつんと突き出す振り付けは可愛すぎる!ペプシというのがPerfumeっぽいかなとおもった。あ~ちゃんが好きだということなのでよかった。個人的にゼロ系甘味料の味が苦手で期間中ほとんどペプシは飲めなかった。レッドブルだったら美味いしCOOLだし最高に良かったのに!

【VOICE】

声が高く伸びるところが気持ちよい。がしかしなんというかいい歌謡曲であるが逆に面白みがない気がした。最初の間奏がなんというかベタというかベッタベタというかあまり好きでない。あ~ちゃんが振り付けがドラマチックということだが点と点はいいとして、真ん中に向ってチョンはシティで満足。他にもっとドラマチックな振り付けが沢山ある気がするというかいつでもドラマチックだ。

一番気になったのはPV。正直よくわからない。曲とジャケとかみ合ってないし、すごく漫然としていて曲の世界観とかもあまり感じられない。欽ちゃんの仮装大賞とオシャレポップアップ絵本双方のよさを削いだような感じ。カエラちゃん&スチャの仮装大賞風PVを思い出すがあちらの方が好きだ。かっこよく決めるところと抜けのコントラストがPerfumeの良さでもあるけれど、ちゃんとしたPVが見たいという気持ちにさせられる。

Perfumeファンとして関さんへの思い入れは多大にあるしもちろんリスペクトしてるに決まってる。彼にだけ見せる彼女たちの表情も沢山あるだろう。がしかしPVの好みは私は断然児玉派だ。実験なのか…?と思う。作りこんでるから児玉さんがいいという話でない。別に作りこまなくても感覚でもなんでもいいんだ。がしかしその感覚自体が自分にはそんなにピンとこないのだ。ある時代からPVを見なくなったのでわからないけど、写真も然り。Baby cruising Loveはストレートで好き。あとなぜモノクロなんだと思うけど、ラブワのPV、二等辺のパンフレットは凄い好き。PVにはアーティストのリアルさとかをあまり求めてないからかもしれない。
【自分の好きなPV】はこんな感じ。(ある時代で止まってる。)

チャイナ風味については、相対性理論もそうだし、流行ってたのか?

【575】
サビを聴いたときは、「会いたくて系歌謡」で、また携帯がぶるったとかブルってないとか曲かと(auだから縛りとか要請があってもおかしくないけど)微妙な気持ちに。ラップは、ハルカリのストリベリーチップスみたいに可愛いラップもあるからそんなに不安ではなかった。それで全部聴いたら、夏なんだけど暗くて乾いた感じが良くて、ラップもいいし、バックの音が反転する所とかがカッコイイ!ラブワ以降久々にカップリングでグッと来た。(「ナチュラルに恋して」はA面なので除外。)

それにしても、ヤスタカ氏の書く歌詞は、ツンデレとか勇気がないとか、記念の日なのにマイペースとか、話を聞いてないとか、不機嫌だとか、彼女たちには付きあわせたくない男ばっかりでてくる。

【ミュージックステーションでコンピューターシティ】
トゥワーより、ねぇ以前の4曲より個人的にこれが今年一番盛り上がった。テレビの音で良さが伝わったのか不安だが、やっぱり最高にいい曲だ。10周年の…ということを考えるなら、パッパラー氏やインディーズの曲は無理だとしても、リニアというのが順当な気がするけれど、シティがテクノのよさがわかった大事な曲という理由と、大事なときにやる…ということだが、代々木はどうだったのかとおもうと色々面白かった。でもやれちゃうくらいになったPerfumeにぐっとくる。やっと攻めを実感する。それにしても最近の歌番組って、映像でずいぶん水増しするんだな。

【ねぇ】
VOICEを聴いたとき、やっぱり歌謡曲路線は加速するのかと思ったけれど、ワッツインだかのインタビューを見たら、彼女たちはフェス仕様に音物を希望したが、歌物で返ってきた。という話を読んで、色々考えてくれてるんだと安心した。A面でもB面でもいいからこんどこそバキバキが来るといいなと思っていたところに来たのが「ねぇ」タイトル&NBBというので大丈夫か!?と思ったが、これがえらいいい。それぞれの踊りがもうキュンキュン!NBBというと自分の中では地味なOL服&お手ごろという位置づけで、彼女たちにはTV出演のときなどのように色味のある服を着て欲しいとおもっているので(モノトーンの服なんていつでも着れる)、どうなるんだと思いきや、PVがとてもいい!背景のセットもいいし、普通っぽい服を着てバリバリ踊ってるのがまた可愛く、服も引き立つ。NBBのサイトのWebデザインも凝っているし(ジョジョ立ち風の写真もかっこよかった!)、PV視聴がスムーズ!(PTATVの焦りとストレスに比べたら…)

なにより曲がいい。去年から渋面の家の者もしばらくぶりに「よい」といっていた。
バキバキしてなくてもテンション上がりまくりの感じ。これがアンサーかと思う!

最初「ねぇ」というタイトルとタイアップを考えると、もっとゆるい曲でないかとおもって、それならばFAKE ITはバキバキしてるか、Kiss and Music、Takeme風コケティッシュ路線かと思っていたがこうなってくると解らなくなってきた。

そしてジャケ!限定版も通常版も衣装がカッコイイ!3人の表情もいい!衣装縛りとかないし、PVは付くしとても楽しみだ。


【セットリスト予想】
初参加の人たちを意識した一般向けというかマイルドなセトリになるんでないだろうか。

チョコポリ固め、パピラ落としは堅い気がする。

今回は最初の掴みにポリは使わないと思う。
最後は「願い」なのか「Wonder2」なのか。「Wonder2」だったらいいな。

着替え曲は!?

今年の曲をアルバムツアー的に見立てたような雰囲気だと、残りはどんな過去曲を選択するのか?
グーチョキパーチョキチョキチョキはできるのか。

もしくは10周年というか軌跡をどのくらい意識するか。その場合、シティ以前はなかったことになるのかどうか?

やっぱり歯磨きはあるのか等気になることだらけだ。


でドームも間近になり、スマスマ、チケット発送日、そして今日は「ねぇ」宇宙初OA(チケットは土日まで受け取れない)などと大いに盛り上がってきたところで、セトリなど想像しながらPerfumeを聴いて過ごそうと思っていたところ、昨日会社のオーディオテクニカさんが臨終した…。リニア以降5年間、会社での爆音Perfumeの供だった。なんというタイミングの悪さだろう。大学に受かったと同時にテレビもない下宿部屋でラジカセが臨終したときのことを思い出す。しょんぼりである。家のコンポは大分前から、2週間ほど前から家のPCも絶賛故障中で、動画をみることも出来ない。2週間切ったというのに!

5年間、これで会社Perfumeを聴き続けた

がしかし、落ち込んでもいられないので、どんなチケット席でも動揺せず、髪を切ったり、ダイエットしたり、わりと心を入れ替えたりして過ごそうと思う。

【チョコシェイク】
緊張して見守ったが、スマスマ凄いよかった。


それにしても「近未来」はどこにいったんだろう。これだけはちょっと寂しい。
Perfume |

両A面

両A面について

Perfumeのニューシングルの話であることを注記だ。

とてもキャッチーで良い曲と思う。個人的に凡百のアイドルとかアーティストの曲の中でPerfumeの曲は群を抜いてどれもクォリティが高いのは確かなのではないかと思う。捨て曲みたいなものがない。どっかで聴いたことあるような…では終わらない。懐かしいような新しいようなというのはまさにぴったりで、ものすごいことだと思う。がしかし、等身大女子目線、携帯がぶるったとかぶるってない系の以外の歌詞の曲がそろそろ聴きたい。「不自然」は服とPVと振りは奇矯だが、歌詞はそんなに不自然でなかった。真っ赤は衣装の色はとてもいい。

本人たちは意味のわかる歌詞で安心してたりするだろうか。
それはいいことかもしれないけれど、ただなんだか少しペラペラな感じがするのだ。
キャッチーなものはペラっていたりするからしょうがないのか。

シティだとかエレワだってとてもわかりやすい近未来感ではあったけれど、彼女たちの歌うひとつひとつの言葉が胸をさらった。意味はわからなくても意味なんてなくても、心を動かすこともできる。言葉の力をもっと信じて欲しいとか思う。セラミックなガールとは!?全く意味不明でも突き抜けていた。

のっちはシンクロニシティーンを聴いてどう思ったろうか。
私はシンクロニシティーンばかり聴いている。
悲しくなったりふざけた気持ちになったり心をもってかれる。

Perfume |

アバタートランポリンバンジーPerfumeファンクラブトゥワー3/16夜の部の話・2

2010-04-27 Tue 18:22にUPしたが間違って消したのでもういちど。
アバタートランポリンバンジーPerfumeファンクラブトゥワー3/16夜の部の話・2

主に3つの体験について書かれており、3題話風だが、ただ1日のうちにあったことで、それぞれ興味のない人にとっては全くどうでもいい内容であることを予め注記する。鬼のように長くなってしまったので前後に分けた。

3 Perfumeファンクラブトゥワー(3/16夜の部)
もちろん欠勤したのはこれの為だ。非常に個人的な嗜好に基づいた感想であることを予め注記する。かなり歯切れ悪い。

番号は2100番台で、家の者も仲良く80人くらい後。でも、会場では赤の他人である。先に入る。番号が番号で前に近づくことも、女子ゾーンでいい場所に収まれる期待も出来なかったが、なぜか女子枠はそんなに込んでいなくて、皆ライブ馴れしていないのか、女子たちは他の人と距離を大分空けてそれぞれ佇んでいた。ピンクTが可愛い女子多数。立っている人はいるがさほど込んでいない電車で、降りますといって戸口に近づくような感じで、すいすいと女子列の一番前の柵、隣壁といった好位置につくことが出来た。踊ったりはしないが、かなり激しく縦に飛び跳ねたりよろめいたときなどに柵や壁があるのがありがたい。人に迷惑をかけないよう動きを制御できる。女子枠はかなり後ろだったが、段差があり、柵の前段差下の男性軍の後頭部が首くらいに感じ、かなり会場全体をみわたせた。隣の後ろで髪を一本縛り系30代OL風の人は、柵に自分の服をかけ場所を確保しており(足元には荷物も!)、開演直前まで延々なにやら熱心にメモをとっていた。5つくらいあったモニターには3510のイラストが映っている。かなりシンプルなステージ。手品みたいな変なセットがあるなあと思ったが、何日も後に不自然のジャケのアレだとわかる。

Perfume_イラスト_ファンクラブトゥワー3/16夜女子枠最前うろ覚えの眺め

◆イメージ画像 いろいろうろ覚えというか手抜き絵。

★10年の軌跡
オープニング映像にぐっとくる。気合いはいってる。そういえば何度もこういう感じのものを見た気がすると思った。まさかそのときそれがいろいろ後を引くとおもわなかった。

★The Best Thing
3人は指の先くらいの大きさだが、ぼんやり表情もわかる。そして上半身はしっかり見える!!!
いいぞ女子枠。振り付けも可愛い。個人的に「NIGHT Firght」が⊿の中で別格だが、次に好きなのはこれなので嬉しかった。またトゥワー初お披露目のためにとっておいてくれたという話を後日レポで読んでグッと来た。

★I still love UとDream Fighter
………。どっちも自分の中では優先度が高くないので微妙な気持ちに。いや、いい曲だとおもうのだけど、シティとかエレワとかエッジとかのような強度が自分の中に感じられない。今回どの程度アンケートが反映されたのかわからないけれど、I still love Uは⊿のリード曲だそうで…(なんでナイトフライトじゃないんだ!)推したいのかなとか、Dream Fighterは普通の若者受けやスタッフ受けが良さそうで(じゃなかったらあんなエンドロール作らないだろう。)エレワに変わるアゲ曲にしたいのだろうか…とか、邪推する。………。雨後のたけのこのように乱発しているぬるいフェスとかにはいいかも…。でもさ。

★グッズ
今回一番良かったのがグッズ。3510Tがいい。男性には難易度の高い色に思われがちだが、青Tよりおサレにみんな着こなしていた気がする。そして復刻T!!!!!!!!!襟ぐりが広くなったのとピンクでなくともとか、後ろの3、5,10は来年以降全く意味のない数字になってしまう等少し気になるが、これは本当に嬉しい。ファンの声を汲んでくれてありがとう!あ~ちゃんメガネ、のっちUSBなど、前のエコ箸より全然グッと来る!!本当に気合いを入れてがんばったという感じ自分の資金繰りに難がありその場での購入は見合わせたが、絶対買う。ミサンガは…普通だろうか。かしゆかはキッチュなセンスもある素敵な子なのだから、無難にしないでもう少し冒険して欲しいと思う。

★MC
夜の部ということで、ぐだぐだになった3人とかを期待していた。ファンイベントならではの話もいろいろとか。もちろん3人がリラックスして楽しんでて、色々話が聞けるのは嬉しい…、が、3人がファンクラブトゥワーに対する感慨を見せたのは最初だけだった気がする。もともと武道館だろうが代々木だろうがとてもフレンドリーな3人のMCである。逆にあんま変わらん!!!!!!!!!!!!!と寂しくなる。ルーレット&ミニゲームもなんというかぬるいテレビ番組みたいだ。ご当地の物を食べるとか、食べてるところをみたいとか…。かわいい。かわいすぎるが…しかし。なんか、ぐだぐだでも過去曲でも何でもそれに対する感想とか、振り付けの話だとか、もう少し関連のある話を聞きたかった。

一気にブレイクしてしまい、かなり短いスパンで軌跡なんども振り返えさせられるというか言及されるシーンがあったり、求められたりしていたせいだろうか。そんな中、感慨を見せてくれというのはおかしな話だ。しかしあまりにも節目感は伝わってこなかった。

会場に立つ緊張は勿論あるだろう。でも何の会場に立っているかの緊張感は感じられなかった。自分には。
もちろん3人が本当はどう思っていたかわからない。良くも悪くも大変ナチュラルだったのだ。

リアルタイムで家に来たリニア。ファンデーションの曲と歌声で一目ぼれ、3人のキャラにヤラれてPerfumeラブ、昔の方がいいなんていいたい訳でなく、どんどん進むPerfumeの成長を楽しみについていこうと思っているだけだが、この時初めて「あれっ。」と思った。うまくいえないけどあれっと思ったのだ。
(2011追記:後で思うにPSPSみたいな気持ちなのかと、とてもフランクに変わらない3人であると同時に
どんどん3人がパーフェクトなスターになっていき、手が届かないような(普通届かないが。)
遠い存在にのがうれしいような寂しいようなある種気持ちの悪いファン心理によるものなのかもしれない。)


★著名人からのメッセージ
宇多丸師匠や掟氏はいいとして、にしおかすみことか宮川大輔とか関根まりとかは正直微妙。ここ数年の話だろう。本人たちも微妙な気持ちだろう。声もあまり上がらず、初めて会場との一体感を感じた。
それだったら、誰も知らなくても、スタッフさんとか、マネージャーさん(前のでももっさんでも)とか、被ってもMIKIKO先生とか彼女たちを支えた、支えている人のコメントを見たかった。中田氏はちらちら斜め上を見ていた。時間が気になったのか。
★ナチュラルに恋して
ファンの前で初お披露目というのが大変嬉しい。この曲で一番好きなのはパヨーンという音だ。個人的にはNBBは地味なOL服という位置づけ。普段の衣装とも関係なさすぎ。ただ3人の起用と音楽でブランドとしてもリフレッシュ効果、若い娘さん向けのCM効果はとてもあるのではないだろうか。のっちがワンピ着てるよ。光ってるよ!あ~様の足上げ可愛い。かしゆかの埃を払うような振りも気になる。私事だが15年以上前に買ったNBBの灰色のスーツはこないだ捨てた…とおもったら最近出てきてなんとなく捨てれなくなってしまった。

★メドレー
メドレーというカタチでもイミテーションワールドは大変嬉しい。可愛い曲だもの。ギャーといって暴れてしまった。周りの女子はギョッとしたかもしれない。ただ、カラオケのメドレー振り付け付きみたいな感じもした。

★声出し
が、最近冗長さとマンネリ感を感じる。trfもうるとらそうるも、もういいんでないのか。歯磨きの歌。かわいいよ…。歌えるよ…。でも少し辛い。Zeppでそれをやる違和感も面白がれる脳は無い。あ~様ごめん!


★チョコ、パピラ
いつもの。でもいい。いい曲だ。

★スウィートドーナッツ
やっぱいい。キュンキュンしてる。

★wonder2
願いよりも断然こっち。


そんな感じで終わった後、家の者と落ち合い、もやもやを話し合ったが、やっぱりもやもやするということで意見は一致した。家の者はもっと厳しい意見だった。

★セットリストについて
ボリュームが少ないことはいい。がしかし大変疑問。どのくらいアンケートは反映されたのか!!
DF、IstillはPerfumeとして推して行きたいものなだけな気がする。
節目なら、シングルをピックアップするとか、毎度感があったとしてもポリとか
大事な曲はもっとあるだろう。ジェニーもいいがここは「Perfume」ではないか。
The best thing&ナチュラル初お披露目がファンの前でしてくれたこと、
リクエスト反映のイミテーションワールドは素直に嬉しい!!

ではライブを重視しなかったとして、節目イベントとしてどうだったかといっても
先に書いたように、節目間があまり感じられなかった。

どちらも中途半端な印象。さらに今回は、リクエストを反映させようという試みとか、充実したグッズとか、
映像などスタッフさんの気合いもこれまでにないほど随所に感じられただけに、ちぐはぐな印象を受けた。
それがPerfumeのよさなのかもしれない。

※ただし第一希望の横浜が外れて第二の東京になったのだが、後の募集で横浜にも若干の余裕を見てなんだかなあと思った。数の調整は必要だろうが、MAXで詰めても外れが出たとの説明が虚しい。

以上の感想を500字にまとめてスルーされても良いから真面目にファンクラブに送ろうとぼんやりしているうちに、4月10日を過ぎてしまった。


攻めの年という。
攻めならば、DF仕込みでぬるいフェスにいろいろに出るだけでなくもう少しいろいろ考えて欲しい。
攻めならば、児玉さんにPVを。
攻めならば、幻想のお茶の間&同世代女子受け狙いの等身大女子目線曲だけでなく、
      もう少しエッジの効いた曲を。
攻めならば、MCも手入れを。

などと勝手なことを思う。


これからなのかな。

個人的には
トランポリンバンジーが一番面白かった一日だった。



追記
本当なら横浜千秋楽アリーナE7列では戸田13列よりも3人が近い瞬間があった!ことなどを
書こうかと思っていたら年が明け、桜も散ってしまった。

Perfume |

Perfume 直角二等辺TOUR戸田市文化会館 感想

Perfume直角二等辺三角形ツアー 戸田市民文化会館感想
伝説の戸田に行ってきた。ネタバレはあまりしないように感想を書くので取り止めがなかったり、何かの情報を探している人にとっては全く無益な文章であったり、または気をつけたつもりとはいえ、これから参戦予定の人の興を削ぐかもしれない余計な情報が書かれている可能性があることをを予め注記する。レポートというより焦点のボケた微妙な写真と余計な話とで綴る感想だ。前半は特に。

詳しいレポートが知りたい人はPerfume@wikiを見てみるといい。いろんな人の入魂レポがあり、読んでるだけで興奮がよみがえる。でもこれから参戦予定の人は、前情報を知っても構えず、彼女たちの生の発言と渾身のパフォーマンスをご自身で味わって欲しい。

とにかく良かった。
行けてよかった。行ってよかった。
実はまだ夢の中にいるみたいで
実感がわかないのだ。

~~
アルバム発売で浮かれてそのまま奇跡の戸田突入と行きたいところだったが、ラジオで元気のないあ~ちゃんに動揺したり、友に無理やり頼み込んでTシャツを作ってもらったり、tmixでもTシャツをお願いしたが間に合わず、なんだかドタバタしているうちに当日になってしまった。

がもちろん興奮しないなんてことはなく鼻息を抑え気味に出撃。

シャツT
◆原画を渡し友に急ぎで作ってもらったプレモPerfumeTシャツ
シルクスクリーンって大変なんだな…。Sなのにアメリカンなサイズなのはご愛嬌

戸田到着
◆いきなり戸田

プラカ戦士が何人かいる。中でもPTATを着てたりする同志を見るとなんとも申し訳ないような気持ちになる。足早に立ち去り、これでいいのか?というような細い路地を黙々と進む。

戸田駅前からの道
◆路地
解体用養生足場
◆足場養生

鉄塔
◆鉄塔

焼き鳥屋
◆やきとり(ケムイ!)この焼き鳥屋前の交差点で携帯を片手に歩いてる普通の女の子が電話口の相手に「7列目で11万」とかなんとかなかなか景気のいい話をしていてギョッとする。

ほんとに文化会館はこの先にあるのか…?
といったところで、突然立派な公民館みたいなものが見えてきてほっとする。
そのスジのトラックらしきものが何台か止まっている。正面に回りこむ。着いた!戸田じゃ!

戸田市文化会館
◆戸田市文化会館

入り口前
◆正面玄関前正面玄関前はすぐ道路になっていて、その横には池。人が溜まれる場所はほとんどなかった。ダフ屋もみかけなかった。

物販列
◆池とグッズに並ぶ人たち
ついたとたんグッズの列が一旦終わりにされたので、池のそばでコガモなどを眺めた後、
コガモ
◆コガモ
近くのマックに入って休憩。無意味に緊張して食欲がない。事前にコピーしたイラスト付きコメントシートなどにメッセージをしたためているうちに雷鳴がかすかに聴こえ、雨が降り出した。

雨
◆雨
家の者が傘を買いに行く間、マックの軒下でなんとも心もとない気持ちでまっていると、傘を差してチャリで走り抜ける女性のTシャツが、武道館チャコールグレーT。地元の参戦者だ!時間は18:00直前。急いで入場。この後の記憶はなんともたよりない。

以下本題感想
☆グッズ
今回は良かった。初めてTシャツが買いたいと思った。普通に着れる。知らない人はこれが何かわからないだろう。知ってる人には当然恥じることは何もない。普通にアリ。水筒やステーショナリーセットのノートのアイスブルーが可愛い。購入物、パンフ、Tシャツ、水筒。入れるものもなかったので買う予定のなかったトートバックも購入(小さい内ポケットが中に3つついていた。)
ちなみにTシャツを今日会社に着ていったが全く問題なかった。あ~ちゃんファンの青年はサマソニでAphex Twinを根性で最前かぶりつきでで見たにも関わらず、行く前も行った後も戸田にだいぶ気を取られていて、あ~ちゃん力は凄いとしみじみする。

★パンフ
出色の出来。3人が可愛い、衣装もいい。ポートフォリオより個人的にはこっちの方が写真が好きだ。のちかしは相変わらずかわいいが、あ~ちゃんがくらくらするほど美人になってきていてドキドキ物である。文章は少ない。

★ガチャ
オタ目線、オモチャ目線、キッチュ小物目線で見てもなんか微妙に思う。色、造形、コンセプト全て…。
別の原型師さんでリニューアルしてみてはどうかと思う。個人的感想ですよ。

★ルームウェア
恒例グッズ紹介を見ててちょっとほしくなった。
のっちがタオルと間違えてずっと肩にかけてた?のが面白かった。勘違いかもしれない。

☆ライブについて
★曲
ツアーを意識した作り。ある曲がなかったり、あったり。やはりという流れがあったり。
その中で「ある曲」は過去観た中で最高にカッコよかった。同意見の人も多いと思う。

★セット
造形物、動き物色々で凝っていた。詳細はみてのお楽しみだ。
ピノプレゼンツじゃないせいなのかマネキンは見当たらず。

★照明毎回最高なのでいうことなし。
今回は足元やセットの光も気合が入っていた。

これらセットと照明効果で、ライブが始まって最初のMCに入るまでテレビの収録現場にいるのではないかという錯覚に陥った。(実際には私は公開収録等はいったことがないが。)公民館とか文化会館というと笑点の円楽がいきなり客席にいる感じがいつも思い浮かぶがこの戸田文化会館はちょっと違う。どうも大迷惑のPVの場所らしい。20年前に田舎のテレビで見入っていたその場所に、今実際にいるのだとおもうとますます、「テレビの中にお邪魔します感」が増すのであった。

★VJ
これは特筆したい。
GAMEのときのジェニーでのWCマーク…(男女の記号のつもりだろうが、レトロポップを通り越して…)、武道館の微妙CGOPとかギャル系ブランドにありそうな蝶とか。やや冗漫な代々木映像に比べたらもう比べ物がないくらい、VJが過去最高にちゃんとしていてとてもよかった。照明とのリンクも見事。

★謎
ある曲のときにあるものを想起させる文様の不思議な光がステージ全体にぐるぐるあったっていた。それが赤くなったとき怪奇大作戦のような怖さがあった。(みたことないけど)

★音
音響系には詳しくないのだが時々マイクがキーンとなりそうな不安な感じがした。

★謎のモニター
戸田文化会館のステージ脇には小さな花道らしきものがついている。端だったので花道なんて3人がトコトコきてくれたらいいな~とおもっていたが想像以上に細い花道で、トコトコどころか見事に無造作(風)に詰まれたスピーカーでふさがれていた。その先端には、家の大きめテレビといった感じのモニターがちょこんと設置されていた。そのモニターを見れる距離の人たちは、ステージのすぐ前であり、というかだれもがそのモニターより大きく見れるはずなので、全く謎としか言いようのないモニターだった。
スタッフの人は当然モニターではなく客席を凝視している。

★衣装
どれもこれも凄く可愛かった!!!!詳細は伏せるがキラキラカチューシャ、チュチュ風スカート、のちの不思議服。衣装3種+α映像。中折れ帽ののっちが沢田研二のようだ(もちろん褒め)と感想に書いてしまったのは大失態だ。ジュリーじゃないよな…。MJだよね…。あ~ちゃんが最初ウエッジソールを履いていて、足辛いのかなと少し心配になった。

☆3人
最初のMCまでがとても長く感じられた。バシバシ踊りまくる彼女らは、怖いくらいかっこよくて、人形のようでライブなのに目の前の光景なのに、映像のようだった。いろいろな意味で客とPerfumeの緊張がギリギリに高まっていた。そしてMCに入ったとき、ああ、PerfumeはPerfumeなんだとほっとした。最高だった。ライブの合間合間の3人の顔がとても生き生きしていて心底ほっとした。

★あ~ちゃん
PTAの映像を見ていた時から、あ~ちゃんの想いは伝わってきていたけれど
それ以上にあ~ちゃんの中では事態は深刻だったようだ。長い話にみなじっと
耳を傾ける。大丈夫だよといいたかった。他の冗長トーク、声出し、子供いじり顕在。

★かしゆか
スカートの変態丈を指摘されての(みんなネット見てるのかな。)
サバけ対応がいい。ニコニコしているし、元気のいい発言もあるのだけど
いつものように口数少なく。アンコールも終わりはけるときに、泣いてるように見えて
そのままパッと袖に消えていった。胸がいっぱいになった。

★のっち
あ~ちゃんへのフォローばっちり。アレをやってくれるのっちはやっぱ漢。
しかし漢の前にほんといい娘だな~と思う。ブログ更新ありがとう。

☆PTA
事前コメントシートなど、スタッフさんの気合いの入りようも違う感じがする。三角のキャラクターがライブ中憎たらしい顔になるとのことだ。別のPTAパッと遊ぼうのコーナーでは声出しでコーナー以外と合わせ都合3回声出しがあった。ウェーブはきついか。声出しだけならコーナーにする意味があるのかと思うが、たのしければもうなんでもいい。

☆これから参戦する予定の人へ
場所によっては思わぬ池や藪などもあるかもしれない。虫除けもしくはウナクールの準備があると
意外に役立つ。雨で逃げ場がなくなるのは最悪なので雨対策。アンケートを書く時間や場所があまりないことが予想される。ペン、書くときに台代わりになる本、頭の整理等の準備をするといいかもしれない。

☆憧れのタレントもすぐ目の前の驚きかどうか。
今回のチケットは13列目の端席。代々木では2F 真ん中席で、3人が前の人の耳の大きさの半分よりやや大きく見えるという大きさだったが、今回のPerfumeは斜め前の前の人の肘から先の3分の2くらいだった。もちろん表情もバッチリだったが、この人はなぜかラジオ体操第二の手首をブルブル震わせる運動?のようなノリ方をしていたので目測は困難を極めた。驚きについては、チケットが取れたことに今も驚き続けている。

(8/19追記)
自分にとってとても大事なことを書き忘れていた。
ある曲のとき、強いバックライトを使用しているのだが
ステージがらその光がまっすぐ客席に届き、
踊る3人のシルエットでパシパシと光が遮られ、
また光に射抜かれるというまるでフラッシュバックのようなものを味わった。
その臨場感たる尋常でない。まさに体感だ。

光が届いた人たちはそのたびに、「光⇒Perfume⇒自分だけ」の瞬間を
味わったわけでかなり興奮したのではないだろうか。


すぐ目の前の驚きですとはちょっと違うが、

内心至福どころの騒ぎではなく、
呆然とステージを見つめるのがやっとだった。


なんでこんな大事なことを失念していたのか。
10日以上過ぎてるというのに。


追記1
あ~ちゃんいわく、戸田近辺にはびっくりドンキーが3件もあるらしい。
それに習いびっくりどんきーを探して行った。パインバーグディッシュ最高。

追記2
だれかが2chで書いていたけれど
3人が事務所が話し合って出した結論なのだとおもう。
「いえること」、「いえないこと」ギリギリのところで正直でいたいという心意気。
ほんとはそんなことすらしなくていいと思うし、ステージの気合いをみれば一目瞭然なのに
ほんとに、ありがとう。

(芸能人がよくお騒がせしました会見をやらされているたびに気の毒に思う。なんだよお騒がせって。3人はなにも悪くない。まだなんかごたごたいうやつはワイドショー脳なのだろう。ほんとだとして彼女らの本当にささやかなプライベート話を晒させたいのか、うそだったとしてアレは嘘ですと言わせてまだなんかいってるような奴がほんとに信じてやれるのか甚だ疑問だ。)

追記3
キャミソール
◆友が気を利かせて作ってくれたキャミソール
よれっているのは生活感ではなく、私の保存状態がわるいせいだ。とても可愛いのだが、残念ながら胸のせい(大きさの問題ではない。)と生地の薄さのせいででのっちの顔がおにぎりどころか、カレーパンマンやつぶれ甘食(パタリロ)になってしまうのでさらしでも巻かないと着れない。すまん。

追記4
tmix
◆千秋楽用Tシャツ
8日に頼んだプレモPerfumeTが来た。今度はこれを着て千秋楽に行く。

追記5
CD聴きにいって何が楽しいんだという人がいる。逆に何で多くの人が彼女たちのライブに行きたがると思う?と問いたい。彼女たちのほとんど全てをかけてきた渾身のステージを実際に見てみればいい。彼女たちはPerfumeをやらされている人形ではなく、今を生きている魅力的な3人の女の子でありPerfumeそのものであるかがわかる。私は何度でも彼女たちに会いに行くだろう。あの会場を覆う多幸感はCDでは到底得られないのだ。そしてさまざまな人たちとそれを分かち合う幸せも。

追記6
Perfumeのロゴが好きだ。あれだけのシンプルなTシャツが欲しい。PTAへのコメントシートにも図入りでお願いを書いた。Tシャツのロゴは元ネタフォントを探したり、あのロゴに言及しているデザインサイトさんを参考にパスを作って自作した。さすがにこれは昼休みだけでは出来なかったので終電前までかかったが、良く見るとボロボロかもしれない。もちろん個人使用。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

ファンなら一度は脳裏をよぎるか「Perfumeぴったんこ芸人」

きっともういろんな人が考えてると思う妄想メモ
雛壇芸人じゃないとかはおいといて

アメトークでPerfumeぴったんこ芸人をやるなら

☆呼ぶ芸人
ダイノジ大谷(芸はあんましらないがいい文章だ)
山ちゃん(ヤンピース最高)
藤井隆(ライブを見守る目線が温かい。いい人っぽい)
この3人は別格で。

チュート徳井(のっちの好きそうな服にしてくれ)
オリラジ中田(好きっぷりがちょっと残念な子風なのが好き)
土田晃之(踊りうまかった)
にしおかすみこ(番組繋がりで)
宮川大助(番組繋がりで)

やついはどうだろう。たぶんでないだろう。

でも何をやるかで詰る。
魅力を語り歌い踊るだけでは
ちょっと盛り上がりづらいし。

うーん。むずかしいか。

追記
通常お三人さん、お三方などと呼ばれる三人だが、
ピンクテクノ春日は「お宅さん達」と言い放っていた。
さすが春日。不遜だね!

追記2
春菜、森山中、ウッちゃんも追加。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

Perfume5/9代々木体育館「ディスコ!ディスコ!ディスコ」【2F南Hブロックからの眺め】

Perfume5/9代々木体育館「ディスコ!ディスコ!ディスコ」【2F南Hブロックからの眺め】

7日くらいの過去とかんずる方角からマウスとキーボードを打ちつらね、ここまでたもちつゞけられたひかりとかげのひとくさりずつであり、しかしながら元々の記憶力に問題があるので保たれたものの質は保障できない心象スケッチもあることをあらかじめ注記する。また様々な意味において今回はゆるゆるとしており私の脳内カメラアイはいつでも焦点ブレていることも重ね重ね注記だ!

代々木土曜日に参戦してきた。今回は武道館のような楽しみすぎて死ぬという具合ではない。奇跡の席でもない。2F席である。しょんぼり?いや、大人の対応をせねばならない。先の日記に書いたが15、6年ほど前に思い切った歌詞で定評のある某短パン氏を見に行ったとき、元気に飛び跳ねる豆粒のような彼と遠くのテレビを眺めた時の漠とした気持ちと不安は拭えなかったがGAMEの間近にいるのに何にも見えんかった時よりはいいのだと自分に言い聞かせて過ごしていた。

グッズは通販にしようとおもっていたので、16時原宿目標で練馬を発つ。西武線はのどかだ。

池袋光麺でまたもやジュクセイコウメンイタメネギトッピングメンカタを食べ、猫がいて猫のニャン手に改めて感心したり、100円ショップ玩具の双眼鏡を購入し、再出撃。(さくらやにも行ったが手ごろなオペラグラスがなくバードウォッチングに最適そうな硬派な代物しかなかった。)

池袋山の手線ホームで第1PTA人(PTA=Perfumeのファンクラブ)を発見。嬉しい。原宿駅で青T&オレンジTシャツ人(ファンクラブTシャツ)がぐっと増え、ついでに趣向を凝らしたオリジナルTやGAMETなども入り混じり始め、じわじわと昂揚し始める。美人猛者とも合流。お茶をしようにも土曜の原宿は移動だけで精気を奪われるので昂揚しつつも漫然とした気持ちで会場に向かった。

Perfume 代々木体育館

石段にすわって、OP曲の予想を立てたり、ピノ衣装のディテールを激写しまくったりレイヤーさんを遠くから眺めてのんびりして過ごした。美人猛者はビールを買っていた。
コスプレさんたちは紫の靴だけワンルームディスコや、髭がカッコよすぎるナイスガイパイロット男性とともにギャル系の凄く可愛い女の子2人がピノのキャビンアテンダントをしていたのがよかった。あ~&のち?よけいなお世話だが、宇多丸コスはサテンじゃない生地がいいと思われる。いずれにせよみなその心意気やよしである。私も15才若くて、体型や骨格や顔が別人だったら是非やって見たいところだ。やや空しい。美人猛者にはぜひ何かしらコスをしてもらいたい。オリジナルTシャツの人も沢山いて、PTAの人の人だとしたら愛のこもったオリジナルTの方を着る心意気を支持する。ピノ衣装の写真を後日確認したところ、帽子のバッチ(横のやつ)が一瞬ガーゴイルに見えて怖かった。多分鷲とかだとおもう。
帽子のバッチ
ガーゴイルに見えた
◆ガーゴイル

Pinoキャビンアテンダント衣装
かしゆかネームプレート
あ~ちゃんネームプレート
のっちネームプレート
Pinoキャビンアテンダント衣装の袖
衣装裏


会場裏手にまわると夕日にかわる前の金色の光に満ちていた。思い思いにくつろいでいる人々がいて、これから大変な騒ぎに参加する雰囲気は微塵も感じられなかった。イイカンジのRemixを流しながらゲームをしている謎の人がいた。

代々木会場裏手

◆終末

ここで終末感を味わっている場合ではない。

時間も迫ってきた。前回は4時ごろいってブドウ缶以外余裕で買えたグッズだったが開演直前までグッズに列ができていた。星ガム断念。仕事帰りの彼を待つ猛者と別れ会場。花束の送り主を眺めながら暗がりにすすんでいく。スモークとその正体の謎。女性ではなく男性の方がトイレに行列をなしている光景をはじめて目撃。そうだ3人は「女性アイドル」なんだということを改めて実感する。2F席に向かう。正面が花道途中後方くらい?の南2F-Hブロック中央やや後ろの場所である。

これから始まるのだ。
以下本題。


☆代々木体育館
とにかく沢山の人がひしめいていて圧巻だった。2万人とかの人がいるという光景などそうそう見られるものではない。同じ地平に立って一度人の波の中にまぎれてしまえば、もうその波が何処までつづいているのかなんて想像もできなくなるのだ。だけどここからはぐるりと体育館を見渡せる。ついでにものすごく低い天井。遠近感がおかしくなってくる。遠くに見える花道の先端には△フレームで組まれた巨大なミラーボールを模したもの。フレームの中でピカピカと電飾が煌いており、スモーク、人のさざなみととあいまってなんだか夢の中みたいにもやもやした気持ちになる。
と同時に会場後方の体育館出入り口もひとつに繋がっているので、
そこではいたって普通の電灯の光(外の世界)が同時にあり、その感じが
巨大な洞窟クジラのおなかの中(「マインドゲーム」っぽい!)
いるようだった。昔エレグラに行った時
「ロシアの巨大冷凍マグロ倉庫」
にいるようなもやもや感を味わったが…。いずれもしらふである。ロシアにもいったことはない。
瞬くスフィアの光を見ながら待っているだけで涙がでそうになった。
開演前静かに流れる曲はGAMEの時のように友達の家のお兄さんの部屋から聞こえるような曲ではなくなり、それらしいものに変わっていた。

☆曲
ディスコ!ディスコ!ディスコ!というだけあってOPは「ワンルームディスコ」ではないかと思っていたら案の定そうだった。それでぐっとつかんでポリとかで盛り上げるのではとおもっていたら本当にそうなってちょっと得意な気分だった。

今回やってくれないかなーと思っていた「SEVENTHHEVEN」。やってくれた!嬉しかった!望んでいた人たちの大歓声で会場がひとつになっていた。

今回はやらないのかなーと思っていた「NIGHTFRIGHT」。もやってくれた。昔っぽい音がいい!凄く好きだ。これだけで来たかいがあった。


mixではあるが、「おいしいレシピ」、「スウィートドーナツ」、「リニアモーターガール」などが聴けてうれしかった反面、「セラミックガール」もはいっててもうこういう形で圧縮してしかやってくれないのかな。と少し不安になる。やっぱり崩していこうという考えがあるのだろうが、
ラストのラストだけは「wonder2」がいいな。曲の強度が違う。コールなどのある「ジェニー」や「Perfume」は外しずらいのだろうが今後、最後が毎回「願い」だったりしたらだったらちょっと寂しい。

☆代々木mixとディスコということ
代々木DISCOmixは個人的にとても楽しめたし、がしっと踊ったが、2万人となるといろいろな人がいるわけで、メドレーと思って待ち構えていて踊りそこねる雰囲気の人や、そもそも踊るって何ぞやという人も沢山いて、曲間でまごついている様子(上から見た限り。)曲に反応して体を動かすのではなく音にあわせて体を動かすことに慣れていないということだ。が残念だった。だれも悪くない。
小芝居映像はにんともかんとも。
彼女たちにとって「でもDISCOって何?」っていう問いをクリアしないとはじまらないからこれもしょうがないよな。3人もバラけて煽ったりしていたのでますますどうしていいかわからない感じだった。昔しりあがり寿の漫画(「おらぁロココだ」)で大昔の少年漫画風の絵柄で貧乏長屋の子供たちに「頭を上下に振り、危篤の電報を持ってドアを叩く」マネをさせることでヘビメタ魂を教えるというシーンがあった。そういうのでいいからなにか動き(ステップまでいかなくても、ジャンプでもケンケンパでも特に足)を教えて煽れば、みんなで踊るのも可能かもしれない。それがそれぞれの好みに合うかどうかは別として。ディスコ繋がりでRobot Discoを聴きたくなってきた。

自我をマヒさせましょう
キトクのデンポー

☆演出
武道館の妙に頭の長いメットをかぶったCG映像のようなものががなくてよかった。毎回仕掛けてられん。といというようなあ~ちゃんの言葉通り、オーソドックスな感じ。「edge」のときの移動は2Fからみるとゆっくりで不思議な感じ。ビューッと移動しても怖いし、3人に怪我があっては大変だ。代々木前にJ系のライブのように板に乗って移動とかしちゃうんじゃないのと冗談めかして言っていたがちょっぴり当たった。よくわからないがなんかカッコいい風ではあると思ったのだが、家の者は指を指されても。と冷静にいっていた。レーザーガン?もなんかカッコいいようなきがしていたが、そういわれるとよくわからなくなってきた…。下から見たらまた違うのだろう。

銀テープは相変わらずキレイだ。

「願い」の時の篝火。ちょっと曲に合ってないのではとおもったけど、こうやって書いていると巨大な洞窟&篝火で入り口にはイデア(何の?)が浮かび上がるといった感じに思えなくもない。奇しくも9日は満月だったりしてますます原始感。

花道の先端が2段になっていて、何の曲か忘れたが、3人がさらにせりあがったとき
一瞬3人が宙にまったように見えて鳥肌がたった。
あれこそ会場に満ちる多幸感と興奮のの起こす魔法だと思う。
ありがとうの言葉しか出てこない。


☆2階南H真ん中よりやや後方からの眺め
短パン氏は本当に飛び跳ねる豆だったが、それよりは3人が大きく見えた。今回は前回のように花道の柵前、実物が目の前ににいながら、映像も注視してしまうという失態を犯したので、巨大モニターを見るのをぐっと我慢して、リアルなステージを凝視していた。そしてそれを後で思い出す用に、脳内コピーしていた。前の人の耳の縦幅の半分よりやや大きい…。というのが目測での3人での見え方だ。例によって昼休み4日プラスα(αは秘密だ)の時間でこれを描いてみた。

☆手と矢印あり
◆脳内記憶によるイメージ

あくまで脳内カメラである。ぐーは私の手だ。位置としてはドリフ大爆笑のオープニングで5人が固い表情で階段を下りてくるシーンの手のスイング位置とか胸あたりの微妙な場所だと思ってほしい。一緒の画面に収まりたかったのだ。その点で十分異様だが、その他縮尺やパースや配置がおかしいとか、多分に稚拙過ぎるとか、青やオレンジが多すぎるとかそこに規則性があるとか、あり得ない場所が光っているとか、こいつバカだとかその他いろいろも目をつぶってご覧いただきたい。その後ナタリーやオフィシャルページに写真がちらっとでていたが、この絵を描き終わるまでは見ないようにしていた。もちろん公演中に撮影したりはしていない。3人のイラストならまだしも、なぜこんなものを描こうとしたのか自分でも意味不明だ。WOWWOWに入ってないがその前までに完成させたい一心でかいた。WOWWOW商法にはのらないぞという意地がそうさせたのか?
この絵において正確な点は代々木体育館2F-Hブロック中央やや後方よりから見ると3人が前の人の耳の大きさの3分の2程度であったということくらいだ。

☆100円ショップで買った双眼鏡の玩具からみた眺め
クォリティは全く期待できなかったし、実際1まわりくらい大きく見えるくらいであり玩具の双眼鏡というより双眼鏡型の玩具といったものだったが、視界を遮って3人を見ると光るシャボン玉に包まれているように見えてそれはそれで味わいがあった。こんな感じ。

代々木で私が見たもの222のコピー
◆双眼鏡の玩具からの眺めの脳内記憶によるイメージ図
大きさはほとんど変わらないので、本当にこんな感じだ…。確認できるのは衣装が輝いており3人が細っこいことくらいだ。やはりなぜこんな絵まで描いてみるのか自分でもよくわからない。ややcosmicなのは私の頭の中がややcosmic味だからだろう。

☆MC
今回はサブ花道があり、あちこち移動してくれて、ああ武道館のときこうだったら…とちょっと思った。でも精一杯3人の名前を男声をだして叫んだ。(周りの人すみません。)お客さんにメガホンをねだるあ~ちゃん。何度なげかけられるも遠くの席へののっちの気遣いの言葉。かしゆかのトークが少なく寂しかった。時々マイクがキーンとしていた。

☆光
今回は会場全体を眺めたりする心の余裕とステージからの遠さがあったのでいろいろみていた。深いブルーのキラキラの衣装。2Fでもその輝きはごーかけんらんなのよ。であった。ただのスパンコールとかではないのか、反射しまくりだった。点在する非常灯のグリーンの光も宇宙感がありよかった。「願い」の時、花道前にたたずむ3人に虹色の光がかかっていて3人を祝福しているようだった。そして最初に戻るけれどフレームのから光が漏れる巨大な球体。いままで外でみたどんなイルミネーションよりキレイだった。

☆グッズ
星ガムは気になるが(振り回したい!)、PTAのTシャツをはじめ、フォントはプレイモービルっぽい(プレモも大好きなのでいいっちゃあいいけど)、ミラーボールの絵なのかわからないがあのネット状の球体やその他のデザインもどこかでみたことがある系の感じがする。

掟氏のブログの
「イラレで30分で作ったようなデザインのTシャツ(しかも男用は毎度くすんだ色限定)は買いづらいであります……生意気言ってすいません!次のツアーは前面ロゴだけのフツーにシンプルなぱふゅTシャツ作って下さい!」
発言に激しく同意する。
ロゴの横にちょっと☆とかついててもいい。…これはもうつくるしかない。

☆Pino
エスキモー&Pino最高。ライブへの後押しはもちろん、前の衣装も今回の衣装も気合いが入っていて凄く好きだ。Perfumeの衣装で何が好きかというのは迷うところだが、シクシクPVのが自分は一番かもしれない。今回もそうだが本当によく出来てる。さらにピノは美味しいからよい。

☆人
うっとうしく思う人もいるかもしれないが、私はPerfumeファンの人といろいろ交流を持ちたいとひそかに思っているタイプだ。PTAの人だったらなおさらで話しかけたくてうずうずするが、相手に不審がられてもいけない。だからぐっとがまんしていた。席の周囲の様子。後ろには4人くらいのファミリー(関西弁)。横には堅気ではなさそうなおじさんとバンギャ風女性(始まる前と終わった後は多弁だったが(関西弁)地蔵系。前にカップル。女子はドリームファイターコスをしていたので、お、気合入っとるとおもいきや、手のふりをほとんど知らないようで、ゆっくりと星を横に振ったりしていた。少しはなれたところに青Tの人が何人もいて心強い。2Fの気持ちは一緒だ。

帰りに美人猛者とその彼の好青年氏と酒をもとめふらつこうとしたところ、会場裏は工事現場みたいになって行き止まりだった。先を歩いていた一人の青Tシャツの人が行き止まりを教えるように手を振りながらこちらへ戻ってきて、その人に御礼をいいながら、ファンとの初交流に心をときめかした。

その行き止まりをさらに後続の青Tシャツ青年に教えると人懐っこい人で渋谷まで話しながら一緒に歩くことになった。あ~ファンかなと思ったら案の定そうで「先日のNHKの収録に当たりそこでNHK側に歌わされたDreamFighterのくだりはやっぱり現場でも微妙だったこと、でもそこで友達が出来それはmixiがらみの人でそれらの人はご飯を食べに行くが自分は学生でさらに今日はおばあちゃんの家にいくので打ち合わせには参加しないで帰りシャンデリアハウスをみるのだということ」を教えてくれた。
さらにその後終電手前の渋谷駅では、DISCO!DISCO!DISCO!と描かれたオリジナルT?を来た男性に「ディスコ!」と叫ばれたのでこちらも「ディスコ!ディスコ!」と叫び返した。どちらもいい感じに酔っていた。

☆果報者
会社のあ~ファンの男子(もちろんPTA)がワンマン初参戦にして一発で10日アリーナ5Aという幸運を射止めた!しかも結果会場についてみると
花道途中の柵前ときたもんだ!
彼のレポートによると、周りは黒ぶちメガネだらけだったそうだ。(彼も黒ぶち持参)、目が合うのは当然、願いの時に彼の真ん前であ~ちゃんが立ち止まった奇跡。
本当によかった!!!!自分のことのようにめちゃくちゃ嬉しい。100人ちょいの会社の中で2人もPerfumeのライブで柵前を当てるとは、凄いツイてる会社なのでは…ということはなく、離職者続出のトンデモ会社である。ちょっと嬉しかったのは、彼も密かに【ヤッター健康法】を何度かやってイメトレしたとのこと。怪しまずあきれずためしてくれてありがとう。ヤッター健康法の信憑性がぐっと増した!


伊藤さん

なんだかあまりに嬉しくて彼用に代々木座席表をつくってしまった。
縦の並びおよびBブロックは不正確だ。そこに彼が加えた自分の場所の図を彼のブログからとってきた。
まだその記事しか書かれていないご機嫌な彼のブログはこちらだ!
http://iysiysiys.jugem.jp/

☆Perfume
最高の幸運を射止めた会社の男子に
あ~ちゃんの足は激しいリハーサルのせいか傷だらけだったことを聞いて、胸が詰まりそうになった。色々な感想を書いたが、3人に改めて心からありがとう。

3人とも大好きだ!

追記1
★バックの中身
PTA会員証
お財布
パスモ
携帯
デジカメ
2007年タオル
虹色アクセ色々
化粧品
ペン※
※ペンは大事だ。アンケートを書くのだ。ついでに膝の上で書くと散々なことになるし書くための机も限られているので、硬い本なども持っていくと完璧だ。今回忘れて前回の裏うつりまくりの油性中太マジック同様微妙な思いをした。非常に乱れた筆跡のボールペンのアンケート&ブレた3人のイラストなど誰が見たいだろう。

追記2
☆9日or10日
10日のMCはものすごく気になるが、9日でよかった。やりかたがまずいし、結果として起こったことを考えると例のNHKの寒々しい演出と寒さは変わらない。蛇足だ。そんなことをするより、公演中にお客さんとして「ディスコ!」の意図に乗り、踊れなくても恥ずかしくてもいいから頑張って踊って踊って盛り上げたほうがましだ。

追記3
その他の画像少しもあわせてmixiのフォトアルバムにいれてある。

追記4
☆2009/5/9という日渋谷で飲んだ帰りにその後、清志郎のお別れにいっていた友2人と合流。1名はBLUEHERBを見た帰りであり、もう1名は札幌ピヴォから駆け付けていた。何時間もぐるぐるまわったそうだ。どちらもPerfume好きでもあるが、お別れ会はもうないのだ。大好きなアーティストが必ずしも=スターとは限らず、スターって良く考えるとなんだかわからないけれど、でもたしかにスターはいたのだ。そしてそんな人はほんとはめったにいない。格好イイ人だった。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

Perfume代々木先行敗者復活!【Wで2倍とヤッター健康法の巻】

Perfume 「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」PTA代々木先行敗者復活!
興奮している人が書いていることをあらかじめ注記する。

プッ…プペプペ プペプペペ プペプペ…ピッ

ジャジャジャジャージャ
ジャージャジャジャーン!

チャッチャッラーチャーン
チャンドン!
…ピッ


放屁の音ではない!
欽ちゃんの仮装大賞の音だ!


仮装大賞


PTA(ファンクラブ)の先行予約の敗者復活戦!
2度目の正直で見事当選したのだ!!!!
家の者もで、Wで2倍の喜び事となった。
やったぜディスコ・ディスコ!!!!!!!!!!!


PTA代々木先行敗者復活


うれしく頭が狂いそうだ。
快哉を叫びたい!
「ヤー!」


多幸感ですよ!キラキラですよ!ディスコ・ディスコ!

あまりにうれしいので、誰にも期待されていないだろうが
ここに私のとっておきの「気炎の上げ方」を書いておく。
やってるといいことある。ほんと。

あまりにへこんだときはやる気力もないだろうが
少しましなときにでも試すと良い。


その方法トハ!


人に迷惑をかけない場所で 「ヤッター!」と大騒ぎする。

以上






☆コツ
「東大の合格発表の中継」
「野球の胴上げ」
「主人が帰ってきて大喜びの犬」

などなんでもいい、
「この人(犬)は凄い嬉しそうな様子だ。」という現場。
その登場人物(犬)の役を「やってください」といわれ、
やらされている気持ちで騒ぐのだ。賑やかし役をやらされているでもいい。

もしくは覚えている人がいるかわからないが
「夢で遭えたら」で浜田が、ガララニョロロのピストルを奪いみんなに突きつけ
「踊れ!」「踊るんじゃ!」と脅している現場に
居合わせた気持ちなどもよい。やらなければ撃たれる。

これを一人でも二人でも時々続けること。 宴席で酔ったふりをして騒ぐことからはじめてもいい。

ハーン、イメトレねとか、 自己啓発っぽいとか やったあと空しそうとか、 こえええとか思った人は
もう寝たほうがいいだろう。
たかをくくるやつは試さないだろうから用はない。


頭でイメージする話じゃなくて、ほんとに騒ぐ所が大事だ。
ばかばかしいだろうが、やっているうちに
ほんとうに馬鹿馬鹿しく、でも面白い気持ちになってくる。
その後の仕組みはわからないが、なんかいいことある。


なお当然だが宗教や神様、ビジネス成功法などとは関係ない!

声を出せないときは小声で騒ぐこと。
文句ばっかり言ってる暇があればやればいいだろう。
最近つまらん輩は、私に頼まれたと思って騒いでいただきたい。

これを去年から思い出したときにやって家の者と騒いでいる。

前回の奇跡の席はそのおかげかもしれないとおもっとる。
ついでに会社の新年会で3万円当たった。

奇しくも前にアメトークで劇団ひとりが 「ヤッター健康法」として似たような方法を
実践しているといっていた。 たしかそっちはちいさなことでも達成感をかみしめるような話。
マイルが溜まるのが素敵だ。

こっちは意味なく騒ぐ話なので、ちょっとちがうのだが、これもヤッター健康法と命名する。
名前に抵抗があるなら、
YTKでもYKKでも俺スペシャルでも
ザラキでもマハンマオンでもなんでもよい。
勝手に呼び名をつければよい。 面白いときも面白くないときも、とにかく「ヤッター!」である。


はずかしいと思った人にはスキップ法もおすすめだ。

スキップ法1

その場でスキップ
その場でかろやかにスキップし続ける。
やはりだんだん面白くなってくる。

☆コツ ガラスの仮面コミックス21巻あたりで
「マヤが真夏の夜の夢の妖精パックの役作りのために、
周りの人間にボールを自分に向かって投げさせ
飛んでくるボールを避けまくるることで
妖精のような軽やかさを身につけていたシーン」
などを思い浮かべると良い。

スキップ法2
スキップしながら高速移動する。
これもまた疾走感があり、だんだん面白くなってくる。
ただし酔っている時にやると、後ろから関係者が追いかけてくるし
「思わぬ事故や怪我のもと」になります。


これも話を聞いて鼻で笑っているだけでは駄目だ。
エアリーな足さばきの実践あるのみ。
そうすれば
「そのうち たのしくー なるでしょ」 になることうけあいである。

興味のある人は個別スキップ指導に伺ってもよい。


追記1
新曲ワンルーム・ディスコ
かしゆかの声にメロメロである。
時々タイコや武富士ダンスの「レツゴー」的な「音」、
もにゃもにゃしたかしゆか?の声など変わったものがが聴こえる。

追記2
前回良かったから…と弱気になっていたが、
やっぱりこれからもライブに行きたい。
かしゆかをあ~ちゃんをのっちを見たい。

追記3
イイことがあれば悪いことがある
逆もまたしかり的な奴も
寝たほうがいいだろう。 勝手に学んでな。
いいことはいくつあってもいいんだよ。


追記4
近年見ていないが、仮装大賞は大好きだ。
一人だろうがなんだろうが、採点時にTVに声援を送っている!
15点越えで安心する。

追記5
今回の追加開放ではどれくらいの人が救済されたのだろうか。
自分は運よく敗者復活できたが、
残りの先行(e+、ローチケ、ぴあ、アミュモバなど?)
で、少しでも多くのPTAの人がチケット取れればいい。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

袖も紙だ!

今さらで恐縮な話題であることをあらかじめ注記する。

代々木に落ちようがなんだろうが、
頭はPerfumeことばかりである。(一部Fallout3)
次の先行のことを考えると全く落ち着かないので
Perfumeに関する別のことで気を紛らわせている。

GAMEのジャケット撮影時、衣装の一部が紙だったことはしっていた。
あ~ちゃんのスカートがほとんど紙だとか…。
大変な撮影だったんだな~と呑気に思っていたが、
最近、のっちの袖もあからさまに紙っぽいことに気づいた。

のち袖縮小

のっちの袖拡大

のち袖3

不自然な折り目が。明らかな紙具合。そして職場の机に張りつけ
毎日眺めているのに気付かない自分の節穴具合もかなり衝撃だった。

ちょっと遅いだろうか…。
みんな気にしないふり男の子だったのだろうか。

この衣装とジャケット(通常版が特に)はかなり好きだ。
黒い服は特に好きではないのだが、3人とも可愛い。
あ~ちゃんだけでなくのっちとかしゆかの頭にも
是非ティアラを乗っけたい。のっちはクラウンか。

おんたまとかGPOPとか既製服もいいけど、
もっといろんな可愛い服を作って着せてあげて欲しい。
もしくはスタイリングに変化が欲しい。

服のラインについて、確かに3人にぴったりだと思うけれど
あ~ちゃんの胸切り替え以外のスカートやワンピース姿なども見てみたい。
リニアモーターガールのPVを今見ると逆に新鮮だ。
のっちのブーツ姿ももっと見たい。

かしゆかのノースリーブ&スタンドカラーは最強だ。
ブルータスの表紙の衣装が好き。(衿あり)

追記
PTAのトップのからし色服写真はそろそろ別なものに変えてもいいのではないか…。
もっといろんな服を着た3人が見たい。

追記2
見たい見たいと変態のような気がしないでもない。

追記3
あ~ちゃんお誕生日おめでとう☆
そんなことを考えながら過ごしていた。
友達や家族、知人でもない人の誕生日をおめでとうと
自然に思ったりするのって、実はすごく不思議なことだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

Perfume |

PTA代々木先行全滅×Wで2倍のショック

カハコホ

PTA代々木先行落ちた!
第一希望土曜日2枚
第二希望日曜日2枚
クレカ
結果:落選
家の者も同様に申込みで×
Wで2倍のショック

当落発表より先にクレカ引き落としの報告がネットにあがっていた。
たしかにクレジットカードの限度額は変わってなかった。
緊張して仕事どころではなかった。落ちた後も当然仕事どころではなかった。
メールを開く手が震えた。

覚悟は出来てたんだと書いている人がいて、自分もどこかで覚悟してたのかなと思う。
残念な結果だった人、まだ先行はある。自分はもう少し粘ってみるよ。
当選の人は本当にめでたい。初参戦の人なんかは特にあの多幸感を味わって欲しい!
でもなんでFCでこんなに激戦なんだろう。なんで4枚。期待しちゃったよ。

気分を上げるために


カッコいい。

とかヤンピースの2008/4/18とか聴いて気を紛らわせとる。
山ちゃんはやっぱうまい。そして悪い感じの3人が大変いい。

もうワンルームディスコでも
ワンナイトジゴロでもなんでもいい!(できればよくない)
次行こう次。

ローチケローモバe+とかいまさらながら登録。
とにかく速効気を取り戻そう。


追記 
武道館は家の者と2人別で取れたので、同じ住所弾かれる説はない?

追記2
口から出ているマッシュルームのような漫符って何て読むのか。へこー?
自分は「カハ」、家の者は「コホ」とそれぞれ見解が違う。

追記3 
次はアミュモバ戦か。

追記4
代々木と言えば15年ほど前に思い切った歌詞で定評のある某短パン氏を
みにいった記憶がある。元気に飛び跳ねる豆を眺めにいったという感じに終わった。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

あの感動がよみがえる・の【ハイビジョンなPerfume武道館】

昨日の放映が早速ネットに上がっていた。
27日を待たなければいけないところだったが アップしてくれた人ありがとう!

私は記憶力に問題がある。大感激の一夜だったことは確かなのだが
どんどん忘れてしまいそうなところだったので放映はありがたかった。

一生の思い出とよく言うが、大げさではなく本当に一生の思い出だ。
たとえ私が将来宇宙旅行に行ったとしても、 なにかとてつもなく凄い人になったとしても
どんな思い出が増えようが、私にとって この思い出はそれらに全く引けをとらないだろうと思われる。

puppy4.jpg
自分と家の者そして
かしゆか!!!!!!!!!!!!!!!


追記1
ライブ映像にedgeがなかったのは
ほんとに「see new world」のせいなのだろうか。

追記2
23日はかしゆかの誕生日だ。

追記3
画像はpuppy love最後
動画に粒状の自分がいた。
明らかに上下上上下上下下がずれており
よたよたした様子でそれとわかった。
動画をみて練習してももうまく合わせられなかった。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4673259
↑マフラーさんのようになるのは一生無理である。
この方のダンスは必見である。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

奇跡の席 【Perfume武道館11/7】

奇跡の席
mixiに書いたものの保守である。
これはほとんどライブレポートではない。個人的なライブ前の興奮の模様、ライブ中の興奮の様子を書いている。ライブレポートはもっと正確なものや面白いものをたくさんの人がかいていると思うのでそちらを見ることをお勧めする。そしてBSででこんど武道館の模様を放映するらしいので、ぜひそれをごらんいただきたい。
それでも見てくださる奇特な方がいらっしゃったら、
大きな文字のところだけ読んでくだされば幸いです。
それがだいたいすべてなのです。

~~~~
夜お風呂に入ったが、朝またお風呂に入った。お風呂の最中に待望のアレが届く。髪をかしゆかばりに艶々にすべくトリートメント&ツバキ油。あ~ちゃんはGAMEツアーの時に女の子は唇と手をトゥルトゥルにすべしと言っていたのでリップクリームをチェック。顔をぐるぐるマッサージ。一日だけでもしゃんとした顔になるように。この日に備えて購入したジェルライナーだのつけまつげだの強力つけまつげ用接着剤だので着々と顔を作っていく。love the worldの三人のように目力を強化。ニキビにはコンシーラー。perfumeファンの女子はかわいい子が多いといわれているが(実際女子率高かった!よいことだ!)
その中に微妙な風体の妙齢の女が混じっているわけにはいかないのだ。
すこしでもきちんとせねばならない。
少しだけお気に入りの白梅の香水をつける。

そして服。洗濯機が突然こわれたのでバッグがない。ジーンズやその上にあわせるスカートが洗濯できなかった。しょうがないので、ブカブカのジーンズ(しかも硫酸で不本意な穴があいている!←彫金教室でやらかした)ブラジャーなんてめんどくさいだけなのだがパーチャクせねばならない。PTA(ファンクラブ)限定のオレンジTシャツを確認。Tシャツのデザインはとても微妙だ。3人はPerfumeとデカデカとかいてあるとみんなが引くのではと心配しているらしくあまり大きくあのフォントが書いてあるグッズは少ない。気を使った挙句の半端なデザイン感が逆効果な気がするのだが3人が武道館でたくさんのオレンジTシャツを見たらきっと喜ぶだろう。その一心で家の者と購入。
これではあんまりな服装なわけでこのまま飛び出すわけにはいかない。
最後の武装はこの日のために袖を通さずいた、胸に星のついた黒と銀のジャージ。Tシャツに合わせたオレンジ色の入った着物地のリボンベルト(これはあっていなかったのでのちにはずす。)個人的にピコピコの多幸感は虹色とおもっているので、クレアーズでつけもしないのに買いためている虹グッズなどから虹ブレス(ひとつは大昔のっちが撮影のときつけてた)虹カチューシャ。そして届いたばかりの待望のアレはこれだ!
タオル

2007年のものである。ライブはGAMEからなので持っていないのだ。星、フォント。最高だ!オークションで7750円で落札した…。とんでもない値段だと思うが自分はGAMEグッズや今回のグッズよりも、しっくりくるこれを持つことを選んだ。現在の経済状況ではギリギリの選択であったが後悔はない。
すぐ送ってくれた出品者の方ありがとう!
財布、携帯、プラカ用紙(馬鹿ハラペーニョ女の分を売らなければならなくなったのだ!)、マジック、化粧品、会員証、パスモ、石、虹グッズなどをマツキヨぶくろに押し込んだ。家の者はいつまでもぐうぐう寝た挙句お風呂に入り余裕節といったかんじで支度を終えていた。武道館には本当に上履きやスリッパはいらないのかということを家の者に確認するとゲラゲラわらわれてしまった。武道館は11年?ほど前に大学の卒業式で入ったきりだ。そして出撃。

家の者は

「いま旅の仲間が
続々と集結している」


と言った。そう思うとなんだか胸がいっぱいになった。

心は昨日よりすでに九段下なわけだがマツキヨ袋をなんとかしなければならないし腹ペコもなんとかしなければならない。しかたないので池袋にて適当なエコバッグ(ご機嫌なケロッグのパッケージ)光麺でジュクセイコウメンイタメネギトッピングメンカタなどとやっていたので九段下についたのはPM16:00

銀杏の匂いには辟易としながら、プラカ持ちの人やダフ屋を横目に会場に行く。早朝グッズ狙いの人などはもうとっくにお買い物を終えくつろいでいる。たくさんの人。若い人、独身ダンディ、女の子。カップル。黒くジャラジャラした人。ほんとうにいろんな人種が終結していた。寒い。オレンジTシャツの着こなしに苦労している人たちがみてとれる。シャツからはみ出ている人。下にロンTを合わせている人。プラカ持ちの掟を知らないので、そばでやる人がいないことに気づき、あわててプラカを書き、銀杏ストリートへ戻る。
「チケット1枚あります☆2Fゆかちゃん側良席前に人いません」
小さく「できればPTAでだめだった人へ」と書き添えた。
8回だか先行発売があったらしいが
それでもPTAの人がとれないというのはあんまり過ぎる。私と家の者は幸運にもそれぞれ当選していた。持ちながら立つこと10分くらい。太ったメガネの女の子が寄ってきた。譲ってプラカを持っていた人だ。PTAですか?と尋ねると???といった顔だったのでお断りした。ブロードウェイなどで遭遇しそうな独身風男性が来て、購入を希望しているようすだったがやはりPTAではないので心苦しいがおことわりした。その後に男性2人組が来てくれたのだが、そのうちの一人がなんとPTAのひとではないか。 前2人がだめだったので会員証ありますか?なんて意地悪をしてしまったのだがちゃんと見せてくれた!この人に譲らねばバチが当たる。喜んでもらえたしこちらも嬉しかった。つれの人が「よかったな」といった風に、その人の肩をギュッと抱いた姿を後ろから見た。仲睦まじい様子でしっかりと門のほうへ向かっていった。GUYのカップルだったのかもしれない。いずれにせよ良かった。われわれも武道館前へ出直すことにした。

ブドウ缶は売り切れていた。グッズは通販にしようとおもっていたのだがカラビナとゴムはかわいいので購入。ガシャポンの絵柄は個人的に全く受け付けないので未購入。(アニメ絵でもいいんだ。その絵柄自体が可愛くないのだ。デザインをした人それにOKを出した人はちょっと考えてもらいたい。)家の者は着実にカレンダー、パンフ。
そのあともう一人の後輩にチケットを渡さねばならないミッションがあり 漫然とした時間を過ごすことになった。家の者とは毎日Perfumeの話をしているのであらためてそれほどはなすことがない。自分はいかに興奮しているか、楽しみかをつたえるくらいだ。周囲は「あ~ちゃんが…」などと何を話しているのか仲間に交じりたくなるような談笑をしているグループもくもくと小説を読み時間を潰す妙齢女性。武道館の写真を取る人など、それぞれに待ち遠しくも手持無沙汰な時間を過ごしていた。

いろんな人に話しかけたいくらいだが、
そんなことをして人をギョッとさせたりするわけにもいかない。


しょうがないので、九段下近辺を散歩してみた。
旅先を歩くような物見高い気分を演出する。ボート乗り場は見当たらない。桜は咲いていない。エンターブレインの引っ越し先を見た。ここで後輩の女の子が働いてる。関係ないのに社食があるのかどうか気になった。そしてもうヒロポンはいないのだ。イタリア会館だかもあった。ちょっと離れるとPerfumeとはまったく関係ない世界だ…。

がしかし、私たちはいまここにPerfumeのためだけに来ている。
そのことに興奮する。実際小鼻も膨らんでいたに違いない。

会場に戻る。もう入場待ちの人が誘導されている。
が、後輩がこない。こない。
仕事帰り半休を取って駆け付ける女の子だ。
美人だがもちろん剛の者である。
本当ならハラペーニョ分のチケットは彼女とその彼に…
ということになる予定だったが、
彼は無念なことに仕事が入ってしまったそうだ。
チケットの行方を決めるときに、
彼のperfume愛を確認させてもらったが
DVDを見て彼女と一緒に踊るくらいだそうなので、
申し分の無い方だった。まったく残念である。

なにかあったのか。心配になりながらぽつねんと待つ。

彼女にチケットを取ってもらったが、
大きな仕事のリリース日のため到着が危ぶまれる輩。 (結局これなかった)
別の上京が同月に重なり交通費が足りずこれなかった輩。
8日が結婚式で当然これないカップル。
メキシコへ行った不逞の輩。
来ることが叶わなかったたくさんの微妙なPerfume好きのことが
走馬灯のように思い浮かぶ。しょうがないよね。からバカ野郎まで。
家の者とのPerfume猛プッシュにあった輩たちだ。


寒い。トイレミッション(私はトイレが近い。興行前のトイレは必須だ。)はどうしよう。そして18:20やっと後輩が来てチケットを渡す大役も終え、いそいそとかつ誇らしくアリーナ席へGO。
家の者に届いたチケットはなんとA7 79,80。かなり前である。
私のとった席は西側2F出入り口の上。これもなかなかだったが、GAMEのときに圧縮と酸欠で死ぬ目(前の日記に書いた)にあっていながらもおめおめとアリーナを選んだ。椅子があるので本当にほっとした。大半の人は既に座っており、われわれも急いで自分らの席をさがしたのだが、そこと思わしき所へ男性が座っている。「席チガクないですか?」と失礼ながら尋ねると失礼だったのは我々のほうで番号を間違えていた。

平謝りしながらたどり着いた席は…。



なんと、なんと、なんと、
花道の先端、
いなかっぺ大将の
涙の横ではないか!
しかも2人席。私の横には柵。
となりには家の者だけ!


席

※イメージ図だ!後ろの列や正確な並びの数は不正確。
自分たちの前後は2人席だったのは確かだ。

実は家の者や私の周囲の友人はライブ猛者だが、私にはライブ根性がない。人にぶつかるのもぶつかられるのも非常に苦手で怖いのである。よくクラブでもライブでも彼女の手をとってガンガン割り込んでいく男性などいるが違う文化圏の人に見えるくらいだ。(バーゲンも苦手だ。)
だから、よっぽどのコネクションを持った人かお金持ち、そして猛者、トイレに行かず何時間もその場を死守できる人以外は手すりにつかまりまじかでアーティストを見るなんてことは夢のまた夢だと思っていた。
Perfumeのことを愛する気持ちは猛烈で苛烈であるが
どうしても圧縮やモッシュは苦手なのだ。


それが。ああああああああ。

そして会場を埋め尽くすたくさんの人!!!!!
2Fの上のほうまでびっしりの人をみて感無量になる。

はやる心を落ち着けつつアンケートに書き込み。

Perfumeを知ったきっかけ?
BUBUKAの「マブ論」を見て!
3人に
ゆかちゃん野菜ダメならサプリだよ!
あ~ちゃんのトークはいつもヒヤヒヤするよ。
のっち足のあざなおってよかったねなどなど
2005年からのあふれる思いをプラカ用のマジック(油性)で
殴り書きしているうちに
黄色い頭の中田氏らしき人も来てどよめき。

そして、なんとも言い難いCG映像が流れ、
大いに盛り上がってきたところで
ステージの上にロボット仮面のような3人が…
おおおお!始まった!!!!!!


ステージに手を振ろうとおもった矢先
コンピューター・シティを歌いながら
彼女たちがせり出してきたのは
なんとなんとなんと花道の先端。
いきなり私と家の者の目の前だったのだ。
こんな近くで3人を!!!!!!!!

ずっと大好きだったPerfumeが
その実物が、突然目の前から出てきたことに
傍で3人を見ることができる喜びに
あまりにも驚いて、うれしくて
一瞬本当にパニックになり、
泣き出す寸前に顔がゆがんだ。
可愛らしい涙なんてものではなく、
ひどい顔で大泣きしそうだった
必死に耐えた。
(3人にヤバい客だと思われては最低だ)
髪の毛の一本一本が
ライトに透けているのも見える。
メタリックピンクのマントもとてもいい。
あ~ちゃんと目が合った気がした。
彼女は正に天使の微笑みを浮かべていた。
とにかく出てきた3人は
「完璧」だったのだ。


武道館オープニング



こんなことってあるんだと思った。 チケットを取る時手を洗って
「あたりますように」「できれば、いい席でありますように」と祈った。
チケットが2人とも当選し、アリーナAがあるというだけでも
望外の喜びなのにこの幸せはなんだろう。

ファンであることにいつからなんて関係ないと思うけど
それでも、少しだけ時間が長い分、その幸せ、感激は大きく
ずっと好きでいて本当に良かった!と思う瞬間だった。






それからあとはもうめくるめく時間だったとしか言いようがない。
夢見心地で記憶もあいまいだ。 いたって普通の感想だ。

◆edge
当然かっこ良く、
PV風の映像では
3人の自殺や薬物防止ポスターのような暗い顔
印象的だった。振りつけも特徴的。

◆エレクトロワールド
では空手突きののっちがカッコよく。
あいかわらずなとても丁寧なお辞儀。ゆるいMC(でもいいのだ。)
君が代は特に好きではないがあ~ちゃんが歌うなら歌う。
普通にお水をのんだり、髪を払ったり、
タオルを使っている彼女たち。普通の女の子達である。
それがとても不思議な気持ちがする。

◆プラスチックスマイル 
今回ははやってくれた

◆ラブザワールド 
大音量で聴くの最初の突き抜ける音。かわいい振り付け。

◆マカロニ
ではまた花道の先に来てくれて、今度は足場が回転し、
回ってきた
天使のかしゆかの
可愛すぎる笑顔!!!
目が合った気がした。

3人とも足が細い。
ピンク色の衣装(あ~ちゃん案か)スタンドマイクとともに
ゆっくりまわる3人は可愛い人形の展示のようであった。

◆Baby cruising Love
ではもう記憶がない。ステージを食い入るようにみてたことは確かだと思う。

◆Take me Take me
曲が本当にすきなのだが、椅子を使ったダンスが
とてもコケティッシュなのだ。3人とも違ったセクシーさで本当にいい。
未見の人はライブDVDなどで見て欲しい。

◆着替え用バタフライ映像
なまめかしい質感3人のの映像でドキドキした。肌も唇もトゥルトゥル

着替えた衣装も可愛かった。特にかしゆかのスカート!
◆GAMEでは当然ライトセイバー。
GAMEツアーでは人の頭ばかりでなにも見えなかったが、
奇跡の席でばっちり見れた。これも花道を使いしっかりと
最後にライトセイバーがどう回収されるかまで確認できた。

◆シークレット・シークレット
青いライトに照らされた3人の最初の振りは本当にお人形のようで鳥肌もの。

◆パーフェクトスター
ここまで来た今まさに万感の思いになれる曲。

◆ジェニーはご機嫌ななめ
曲が曲だからしょうがないにしてもレトロを通り越した映像がいまいち。
がしかし、3人を応援できる曲であるので一生懸命声を出す。
それぞれ舞台の端から端へ走りまわってくれた。

◆セラミックガール
個人的にものすごく好きな曲なので、必死に三本指を振りまくった。
踊りを全部見れたのも感激である。

その後のMCで人生初ウェーブを行った。
ウェーブにはいろいろあるようだがジャンプスタイルのもので、
下からみた2階席の人たちが圧巻だった。 こぼれおちそうだった。
単純で恐縮だがみんなでやる一体感がとてもうれしいものだ。その場かぎりの魔法の絆。
そのあとサバイバルダンスを会場の人に歌わせてしまうあ~ちゃん。
うるとらそうるっといってしまうあ~ちゃん。
いつも微妙なヒヤヒヤトークの彼女だがPerfumeを好きな以上、
彼女の手の上からは逃れられないのだろう。

◆チョコレイトディスコ
みんなが大好き。盛り上がり方が違う。

◆ポリリズム
生ポリループに感激。あの振り付けが大好きだ。
このあたりで銀のテープが空から降ってくる。3人のメッセージ入り。

◆Puppy love 
この曲もとても可愛く大好きだ。これがいったんのラスト。初お披露目であり上下上上下上下下の手の振りが覚えられず、他の男性ファンを注視しまねしたりしていて肝心の3人をよく見ることを忘れるという失態を犯す。のっちのふくらはぎの筋肉が美しかった。ことは微妙に覚えている


アンコールでは
着替えのあと
◆ドリームファイター 最初聴いた時はちょっと不安だったけれど、
やっぱりいい曲だと思う。さーきまで。が好き。
これでPV(会場バージョン)が流れたのだけどうっかりそっちに気を取られてしまい
3人を注視するのを忘れてしまった。

◆Perfume
これはやっぱり盛り上がる。
ぐるぐるユー!の時一生懸命メンバーをさす。そしてジャンプでよろめく。忙しい曲だ。

◆wonder2
やはり最後はこの曲。この曲も本当に好きだ。とくにかしゆかの声にメロメロになる。

そして最後に羽が舞う。
天使が去るといった感じだった…。

あ~ちゃんが、最後の方のMCで
泣きながら希望を持たれたことがなかったから…
というようなことを言っていた。

ずっとずっと
全然期待してたよ。
よかったね。よかったね。
これからも応援するよ。



いろんなものにありがとうの気持ちでいっぱいだ。

mixiはずいぶん前からニュースをみる用になってしまっていた。
※これはmixiに書いたものの保存用だ。今回のことでもなければ日記もいつ書くかわからなかった。
個人的には仕事を猛烈にやめたいがこの先どうするとか、XBOX360用のスピーカーを踏んで壊したとか、家の床に穴があいているととか、いつのまにか年をとってしまったようだとか、経済的に厳しい、焼肉が食べたい、 肌荒れがひどい、洗濯機が壊れた、毎日お風呂場にナメクジが来るとか、ベルヴィックサーガが難しすぎるなどいろいろうんざりするようなことが重なっているが、

いきていればいいことがあるかもな。と思えるに十分な奇跡であった。

そして何かを好きになることはエネルギーがいる。
そのなにかはじぶんではないから、
当然変化していくことも止められない。
対象が永遠に失われてしまうこともあるだろう。
その痛みに耐えるということも含めて
それでも大切にしたいと思う気持ちであり侮れないのである。



【オープニング】
コンピューターシティ
edge
エレクトロ・ワールド
(MC)
plastic smile
love the world
マカロニ
(MC)
Baby cruising Love
Take me Take me
Butterfly
GAME
シークレットシークレット
パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
(MC)
セラミックガール
ジェニーはご機嫌ななめ
(MC)
チョコレイト・ディスコ
ポリリズム
Puppy love

アンコール
(MC)
Dream Fighter
Perfume
wonder2

追記1
3曲やってMC…みたいなパターンやちょっと漫然とした感など
思うところはあったりするが、そんなことは今はどうでもいい。

追記2
ファンデーションはところてん方式に押し出された。残念だ。

追記3
ガシャポンは本気でデザイン考えて欲しい。

追記4
サイリウム投げ込み野郎は手首を手斧で切り落とされるがいい!!!

追記5
後半、中田氏に気づく3人。
遠慮がちのコールや拍手。
3人はもちろん会場全員が
神に遠慮している感じが面白すぎた。


追記5
オープニングにステージに立っていたのは、マネキンかと思いきや
影武者さんたちだったことが後日わかった。
Perfume |

楽しみすぎて死ぬ話【Perfume武道館】

楽しみすぎて死ぬ話「Perfume武道館」
mixiにあるものの保守。2008/11/6に書いた。
これは興味の無い人にはかなりどうでもよい内容であり、興味のある人にとってもとくに新しい情報を提供するような性質の文章ではなく単なる思いのたけである。既に沢山の人が既にいろんなことを言っている。自分はただ好きだということしかいえそうに無い。よって特に面白くもないことをあらかじめ注記する。またこのことに関しては気の利いた感や冷静さに欠ける内容であることも併せて注記だ!まだ行ってないので当然ライブレポではない!検索で来た方申し訳ない。

明日の武道館が楽しみすぎて死ぬ!
Perfumeが好きすぎて死ぬ。
ただもうそれだけ。


2005年
「BUBUKA」の宇多丸師匠の「マブ論」を見た家の者が買って来た
【リニアモーターガール】その中の「ファンデーション」にハートを打ち抜かれた。

以来ひっそりとmixiの好きな音楽欄で推し、
家の者と会う人会う人にPerfumeを薦めた。


何より曲がいい、エフェクトのかかった歌声がとても可愛い。
顔もなかなかめんこい! (←みんなどんどんきれいになった!ぱつゆか最高!)
ピコキュン「テクノ」ポップ好きの自分にはど真ん中だ。

これで売れないわけはないと信じていた。
コンプリートベストがそんなに売れなかったなんて思いもしなかった。
しかし、クラブやイベントでいくらかかろうが
知ってる人は知っているという風になっても、ブレイクには
いたらず、カエラちゃんの後押し前までは、宇多丸師匠の危惧、
ベストを出して解散パターンの危機にさらされていたわけだ。
それがあっというまに夢のような展開。

2008年4月22日
オリコンウィークリー1位になったとき
同じ日に「著しく正義に反する」輩も
ギャフンと言わされ
いろいろな意味で、
本当に胸がスカッとした。



その後「Love the world」のPVの
とてもとても楽しそうな彼女たちの映像。
曲はスルメ曲といわれているが、自分には勝利宣言に見えた。
(最後のチュチュチュのあと手を振り回して
バーっっと早回しでこちらに駆けてくる姿といったらもう最高である)

これからが勝負。それはわかってる。
がしかし、いまだに、
本当に良かったという気持ちでいっぱいだ。

彼女たちのことを思うと幸せな気持ちになる。
好きだという人と話すと、うれしくなる。
それを表現している人たちを見るのも好きだ。
道夏大陸しかり、ファミコン風(最高☆)、アイマス動画しかり、
踊ったり(マフラーさんは神がかっている)歌ったりMADを作っている人、神演奏。
好きな者同士で気持ちを共有できるというか
(好きな人たちの中にも いろんな意見があるわけだが
好きだというそのおおきな一点において。) なんだかあたたかい気持ちになる。
みんなが大事にしようとしているなにかがある。

気持ち悪く思う人やバカだと思う人もいるかもしれないが本当なのだ。
お坊さんが外人が、意外な人までが好きだと 言っているのを聞くのも楽しい。
大勢の人と好きだとか
楽しいとかという気持ちを共有できることが
なんだか不思議なくらい素直に嬉しいのだ。
こんな気持ちはなかなか無いことだ。
自分が好きと思うものを
みんなも好きだということが
こんなに嬉しいこととは思わなかった。


さらにそれは、花火大会で花火がキレイだ。とか
世界人類が平和でありますようにというような
気持ちの共有ととはまたちょっと違う気がするのだ。


彼女達に幸多からんこと
ハードなスケジュールの中二度と戻らない時間を謳歌できることを
中田氏との蜜月が最後のそのときまで続くことを心から祈る。
また変な業界人にひっかかったりしないことも。



とにもかくにも
明日が楽しみすぎて死にそうなのだ!


以下追記というか
個人的なファン話だ。


追記1
2年前会社の人たちに薦めた時の反応。
1人は、反応ナシ。1年後Perfumeっていいねというので
ついに聴いたかと思いきやこないだ友達に借りたという。
もう1人のメタルデヴはいいよねといいつつ、俺にも作れると言った。
アホか!アホか!アホデスカ!
なぜ人の話を聞かないのだ!
そーせーのアクエリオンでも朗々と歌ってるがいい!
そんな文化果つる地で働いている。一刻も早く辞めたい所である。

追記2
友人に某レコード屋の人がいる。
猛プッシュしてその結果かわからないが
コンプリートベストが1年近く試聴機に入れっぱなしに なっていたようだ。

追記3
友人にフリーの編集者?というのかがいるのだが
今年の春にPerfumeを某ファッション系の季節物ムック本の
表紙に押したのだがオッサン上司たちの認知度低くかなわず。
FUCK!OFFである。3人の×××姿が見たかった。おっさん達は
長澤まさみだかとかいってるそうな。女子が買う雑誌だぞ。
その友人は武道館を捨て、メキシコに行った。
Fuckinハラペーニョ野郎!大変立腹している。

追記4
上記某レコード屋の人とその彼女に別の美人猛者がだめな場合、
チケットをやるのも ありだとおもっていたところ、8日当人達の結婚式があるので断念。
それはしょうがないよな。結婚おめでとう。

追記5
家のものがひょんなことから先週金曜日新宿2丁目のクラブにいったところ
GUYの皆さんがPerfumeのかかる中うっとりチュウチュウしてそうだ。
海外しかり、いろんな人に人気があるようでなによりだ。

追記6
本当にPerfumeが好きなので
誰が一番好きとかは決められない。
しかしかしゆかのあの声、パッツンには悶絶である。
Perfumeのコケティッシュな妖精。
あ~ちゃんの露出とトークはいつもヒヤヒヤする。
Dream Fighterの「普通ってさー」にやられる。
可愛い写真を見るととてもうれしい。大切にしたい人だ。
変な芸人と絡んで欲しくない。Perfumeの天使。
のっちの歌っているときの「まぶしそうな、切なそうなあの顔」
何だろうか!ノックダウンである。
Perfumeをしらない人にも安心して薦められる。Perfumeの騎士。
全員姫で天使だ。

追記7
ヒヤヒヤついでに。彼女達が「テクノ」という単語を使うたびに
いつもちょっとヒヤヒヤする。
でもそれでもいい。しょうがない。

追記8
ざんねんながらグッズはいつもちょっと微妙だ。
Perfumeのロゴのフォントがすきなので
もっと前面にだしたTシャツとタオルを作って欲しい。
全く恥ずかしくないよ!
半端なデザイン感の方がダサいと思う。(オレTは買ったが)

追記9
解散の危機など知らず、悠長にかまえていたおかげで、
ライブは遅ればせながらGAMEがはじめてだった。
(女子のとかリキッドとか行きたかった。
浜名湖なんていってたら鼻血を出したのではないだろうか)

尾篭な話で恐縮だが

ライブが始まったとたん月の障りが起こり、最初の4曲の間激しい腹痛と貧血、さらに酸素不足(かなり前の方で見ていた。)で本気で倒れるところだった「ライブを楽しむ人に迷惑はかけられん」「おなかが痛い!痛すぎる!」(イメージとして万力でねじまげられるようだ)「『女のくせに前に来るからだ!』なんて思われては面目が立たん!」「3人がこんなに近くで見れるのに退場できるか!」(人の壁の間からちらちらと見える3人の可愛いこと!)「いや見れただけでも幸せなのだ。浅ましいぞ」「薬が効かない!」「跳ねれば跳ねるほど痛い!」「人の汗が目や口に飛び込む!」「しょっぱい!」「目にしみる!」「横モッシュなオッサン…変だ!やめてくれ!」「まじめに息が出来ない!」「酸素!酸素だ!」などと激しく逡巡しながら、

弁慶のようにかろうじて仁王立ちしていた。


大げさではなく人生絶体絶命体験のひとつになった。(他の絶体絶命体験は手術室での激しい尿意などだ!)冗談のように長いMCが始まらなければ本当に気を失っていたと思われる。



追記10
Perfumeに捨て曲ナシ
大変難しいが個人的特に好きなのは
「ファンデーション」(名曲だと思う)
「セラミックガール」
 (春っぽさ、ロボット乙女好きとして直球、
 キャッチーさ全開!わかりやすい曲だがそれがいい。)
「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」(泣きそうになる)
「wonder2」(か、かしゆかの声に脳がやられる)
「Puppy love」(これまた春っぽくて、可愛く直球だ!)
「Take me Take me」(テミテミ言ってるようにきこえるのは私だけのようだ。ヒョコヒョコしとる)
といつもここまではすらすら出るのだが
…結局ポリリズムもコンピューターシティもedgeも
モノクロームエフェクトもマカロニもチョコレイトディスコもラブワもPerfumeも…
なんて具合に全部捨てがたいことにはたと気付き振り出しに戻るのだ。

結局、音、歌、エフェクト、3人のパフォーマンス全部が組み合わさってPerfumeなので
(だから顔だけとか曲だけとかの評価は自分にとっては無意味だと思っている。)
どの曲にもかならずとても好きな部分が出来る。

ポリリズムの
よみがえるの「るの」とか
Baby crusing Loveの
「何かが」「かが」とか
Dream Fighterの
この先までの「さーきまで」
とか抜ける感じにはやはりもってかれる。

ポリループのキレ
ラブワのサビの手のパパパ感
PVのかしゆかの首振り
好きなところの話はきりが無くなる。

追記11
どれもこれも可愛い曲で
おもわず歌いたくなるのだが、いつも残念な結果となる。

追記12
何かを好きになるというのは弱点を持つことでもあること痛感した。
Dream Figherについて勝手に悩み、Disられると
自分のことのように凹み、細野発言に腹を立てたり、
勝手な心配事が増える。具合が悪くなってしまうほどで血圧に悪い。
しっかりしよう。

追記14
スタイリストさんもう少しがんばって欲しい。
灰色の服ばかり着せないで!

追記15
今年の3月だかに家の者と申し訳ナイトに言った折に
宇多丸師匠がいて、カエラちゃん以前に師匠のマブ論をみて
Perfumeファンになったと本人に伝えられて嬉しかった。

(宇多丸氏はとても気さくないい人であった。掟氏もいい人だそうだ。)

追記16
机の上

素敵じゃない画像は私の職場の机の上だ!
itune共有常時接続。聴きたい人は聴きに来い来いといった感じでいる。
自己主張ではない、なんかいいかもといった人に対する宣伝というか
ささやかながらの援護射撃のつもりである。ヤバイ人と思われてもいいのだ。

追記17
もちろんPTAに入っとる!明日はいい席でうれしくも怖くもある。
椅子があることを祈る。明日は当然有休だ。

追記18
今年もWIREにいかなかった。えれぐらはあるのか?あってもいかないのだろう。
ミネラルフェアもいけるかどうか。Perfumeに始まりPerfumeに終わる。それでもよい。悔いなし。

追記19
大事なことを書き忘れた。

楽しみすぎて
具合が悪い!


ドキドキする。口から心臓が出そうだ。
もうわけがわからん。
ご主人にあって興奮している犬のようだ。
北海道弁なら「尾立ってる」といった感じか。
(調子に乗るほうの意味でなく。)
楽しみすぎることがあるといつもこうなって本当に困る。
明日が思いやられる。

追記20
大変だ!洗濯機が壊れた!
脱水機がやられた!
洗濯物がいつまでもビショビショだ!
明日のおしゃれ計画がパーだ!!!
何故よりによって今日!!!!!!!!
おしゃれといっても上はオレンジTシャツではある。

Perfume |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。