Star☆Rainbow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Perfume5/9代々木体育館「ディスコ!ディスコ!ディスコ」【2F南Hブロックからの眺め】

Perfume5/9代々木体育館「ディスコ!ディスコ!ディスコ」【2F南Hブロックからの眺め】

7日くらいの過去とかんずる方角からマウスとキーボードを打ちつらね、ここまでたもちつゞけられたひかりとかげのひとくさりずつであり、しかしながら元々の記憶力に問題があるので保たれたものの質は保障できない心象スケッチもあることをあらかじめ注記する。また様々な意味において今回はゆるゆるとしており私の脳内カメラアイはいつでも焦点ブレていることも重ね重ね注記だ!

代々木土曜日に参戦してきた。今回は武道館のような楽しみすぎて死ぬという具合ではない。奇跡の席でもない。2F席である。しょんぼり?いや、大人の対応をせねばならない。先の日記に書いたが15、6年ほど前に思い切った歌詞で定評のある某短パン氏を見に行ったとき、元気に飛び跳ねる豆粒のような彼と遠くのテレビを眺めた時の漠とした気持ちと不安は拭えなかったがGAMEの間近にいるのに何にも見えんかった時よりはいいのだと自分に言い聞かせて過ごしていた。

グッズは通販にしようとおもっていたので、16時原宿目標で練馬を発つ。西武線はのどかだ。

池袋光麺でまたもやジュクセイコウメンイタメネギトッピングメンカタを食べ、猫がいて猫のニャン手に改めて感心したり、100円ショップ玩具の双眼鏡を購入し、再出撃。(さくらやにも行ったが手ごろなオペラグラスがなくバードウォッチングに最適そうな硬派な代物しかなかった。)

池袋山の手線ホームで第1PTA人(PTA=Perfumeのファンクラブ)を発見。嬉しい。原宿駅で青T&オレンジTシャツ人(ファンクラブTシャツ)がぐっと増え、ついでに趣向を凝らしたオリジナルTやGAMETなども入り混じり始め、じわじわと昂揚し始める。美人猛者とも合流。お茶をしようにも土曜の原宿は移動だけで精気を奪われるので昂揚しつつも漫然とした気持ちで会場に向かった。

Perfume 代々木体育館

石段にすわって、OP曲の予想を立てたり、ピノ衣装のディテールを激写しまくったりレイヤーさんを遠くから眺めてのんびりして過ごした。美人猛者はビールを買っていた。
コスプレさんたちは紫の靴だけワンルームディスコや、髭がカッコよすぎるナイスガイパイロット男性とともにギャル系の凄く可愛い女の子2人がピノのキャビンアテンダントをしていたのがよかった。あ~&のち?よけいなお世話だが、宇多丸コスはサテンじゃない生地がいいと思われる。いずれにせよみなその心意気やよしである。私も15才若くて、体型や骨格や顔が別人だったら是非やって見たいところだ。やや空しい。美人猛者にはぜひ何かしらコスをしてもらいたい。オリジナルTシャツの人も沢山いて、PTAの人の人だとしたら愛のこもったオリジナルTの方を着る心意気を支持する。ピノ衣装の写真を後日確認したところ、帽子のバッチ(横のやつ)が一瞬ガーゴイルに見えて怖かった。多分鷲とかだとおもう。
帽子のバッチ
ガーゴイルに見えた
◆ガーゴイル

Pinoキャビンアテンダント衣装
かしゆかネームプレート
あ~ちゃんネームプレート
のっちネームプレート
Pinoキャビンアテンダント衣装の袖
衣装裏


会場裏手にまわると夕日にかわる前の金色の光に満ちていた。思い思いにくつろいでいる人々がいて、これから大変な騒ぎに参加する雰囲気は微塵も感じられなかった。イイカンジのRemixを流しながらゲームをしている謎の人がいた。

代々木会場裏手

◆終末

ここで終末感を味わっている場合ではない。

時間も迫ってきた。前回は4時ごろいってブドウ缶以外余裕で買えたグッズだったが開演直前までグッズに列ができていた。星ガム断念。仕事帰りの彼を待つ猛者と別れ会場。花束の送り主を眺めながら暗がりにすすんでいく。スモークとその正体の謎。女性ではなく男性の方がトイレに行列をなしている光景をはじめて目撃。そうだ3人は「女性アイドル」なんだということを改めて実感する。2F席に向かう。正面が花道途中後方くらい?の南2F-Hブロック中央やや後ろの場所である。

これから始まるのだ。
以下本題。


☆代々木体育館
とにかく沢山の人がひしめいていて圧巻だった。2万人とかの人がいるという光景などそうそう見られるものではない。同じ地平に立って一度人の波の中にまぎれてしまえば、もうその波が何処までつづいているのかなんて想像もできなくなるのだ。だけどここからはぐるりと体育館を見渡せる。ついでにものすごく低い天井。遠近感がおかしくなってくる。遠くに見える花道の先端には△フレームで組まれた巨大なミラーボールを模したもの。フレームの中でピカピカと電飾が煌いており、スモーク、人のさざなみととあいまってなんだか夢の中みたいにもやもやした気持ちになる。
と同時に会場後方の体育館出入り口もひとつに繋がっているので、
そこではいたって普通の電灯の光(外の世界)が同時にあり、その感じが
巨大な洞窟クジラのおなかの中(「マインドゲーム」っぽい!)
いるようだった。昔エレグラに行った時
「ロシアの巨大冷凍マグロ倉庫」
にいるようなもやもや感を味わったが…。いずれもしらふである。ロシアにもいったことはない。
瞬くスフィアの光を見ながら待っているだけで涙がでそうになった。
開演前静かに流れる曲はGAMEの時のように友達の家のお兄さんの部屋から聞こえるような曲ではなくなり、それらしいものに変わっていた。

☆曲
ディスコ!ディスコ!ディスコ!というだけあってOPは「ワンルームディスコ」ではないかと思っていたら案の定そうだった。それでぐっとつかんでポリとかで盛り上げるのではとおもっていたら本当にそうなってちょっと得意な気分だった。

今回やってくれないかなーと思っていた「SEVENTHHEVEN」。やってくれた!嬉しかった!望んでいた人たちの大歓声で会場がひとつになっていた。

今回はやらないのかなーと思っていた「NIGHTFRIGHT」。もやってくれた。昔っぽい音がいい!凄く好きだ。これだけで来たかいがあった。


mixではあるが、「おいしいレシピ」、「スウィートドーナツ」、「リニアモーターガール」などが聴けてうれしかった反面、「セラミックガール」もはいっててもうこういう形で圧縮してしかやってくれないのかな。と少し不安になる。やっぱり崩していこうという考えがあるのだろうが、
ラストのラストだけは「wonder2」がいいな。曲の強度が違う。コールなどのある「ジェニー」や「Perfume」は外しずらいのだろうが今後、最後が毎回「願い」だったりしたらだったらちょっと寂しい。

☆代々木mixとディスコということ
代々木DISCOmixは個人的にとても楽しめたし、がしっと踊ったが、2万人となるといろいろな人がいるわけで、メドレーと思って待ち構えていて踊りそこねる雰囲気の人や、そもそも踊るって何ぞやという人も沢山いて、曲間でまごついている様子(上から見た限り。)曲に反応して体を動かすのではなく音にあわせて体を動かすことに慣れていないということだ。が残念だった。だれも悪くない。
小芝居映像はにんともかんとも。
彼女たちにとって「でもDISCOって何?」っていう問いをクリアしないとはじまらないからこれもしょうがないよな。3人もバラけて煽ったりしていたのでますますどうしていいかわからない感じだった。昔しりあがり寿の漫画(「おらぁロココだ」)で大昔の少年漫画風の絵柄で貧乏長屋の子供たちに「頭を上下に振り、危篤の電報を持ってドアを叩く」マネをさせることでヘビメタ魂を教えるというシーンがあった。そういうのでいいからなにか動き(ステップまでいかなくても、ジャンプでもケンケンパでも特に足)を教えて煽れば、みんなで踊るのも可能かもしれない。それがそれぞれの好みに合うかどうかは別として。ディスコ繋がりでRobot Discoを聴きたくなってきた。

自我をマヒさせましょう
キトクのデンポー

☆演出
武道館の妙に頭の長いメットをかぶったCG映像のようなものががなくてよかった。毎回仕掛けてられん。といというようなあ~ちゃんの言葉通り、オーソドックスな感じ。「edge」のときの移動は2Fからみるとゆっくりで不思議な感じ。ビューッと移動しても怖いし、3人に怪我があっては大変だ。代々木前にJ系のライブのように板に乗って移動とかしちゃうんじゃないのと冗談めかして言っていたがちょっぴり当たった。よくわからないがなんかカッコいい風ではあると思ったのだが、家の者は指を指されても。と冷静にいっていた。レーザーガン?もなんかカッコいいようなきがしていたが、そういわれるとよくわからなくなってきた…。下から見たらまた違うのだろう。

銀テープは相変わらずキレイだ。

「願い」の時の篝火。ちょっと曲に合ってないのではとおもったけど、こうやって書いていると巨大な洞窟&篝火で入り口にはイデア(何の?)が浮かび上がるといった感じに思えなくもない。奇しくも9日は満月だったりしてますます原始感。

花道の先端が2段になっていて、何の曲か忘れたが、3人がさらにせりあがったとき
一瞬3人が宙にまったように見えて鳥肌がたった。
あれこそ会場に満ちる多幸感と興奮のの起こす魔法だと思う。
ありがとうの言葉しか出てこない。


☆2階南H真ん中よりやや後方からの眺め
短パン氏は本当に飛び跳ねる豆だったが、それよりは3人が大きく見えた。今回は前回のように花道の柵前、実物が目の前ににいながら、映像も注視してしまうという失態を犯したので、巨大モニターを見るのをぐっと我慢して、リアルなステージを凝視していた。そしてそれを後で思い出す用に、脳内コピーしていた。前の人の耳の縦幅の半分よりやや大きい…。というのが目測での3人での見え方だ。例によって昼休み4日プラスα(αは秘密だ)の時間でこれを描いてみた。

☆手と矢印あり
◆脳内記憶によるイメージ

あくまで脳内カメラである。ぐーは私の手だ。位置としてはドリフ大爆笑のオープニングで5人が固い表情で階段を下りてくるシーンの手のスイング位置とか胸あたりの微妙な場所だと思ってほしい。一緒の画面に収まりたかったのだ。その点で十分異様だが、その他縮尺やパースや配置がおかしいとか、多分に稚拙過ぎるとか、青やオレンジが多すぎるとかそこに規則性があるとか、あり得ない場所が光っているとか、こいつバカだとかその他いろいろも目をつぶってご覧いただきたい。その後ナタリーやオフィシャルページに写真がちらっとでていたが、この絵を描き終わるまでは見ないようにしていた。もちろん公演中に撮影したりはしていない。3人のイラストならまだしも、なぜこんなものを描こうとしたのか自分でも意味不明だ。WOWWOWに入ってないがその前までに完成させたい一心でかいた。WOWWOW商法にはのらないぞという意地がそうさせたのか?
この絵において正確な点は代々木体育館2F-Hブロック中央やや後方よりから見ると3人が前の人の耳の大きさの3分の2程度であったということくらいだ。

☆100円ショップで買った双眼鏡の玩具からみた眺め
クォリティは全く期待できなかったし、実際1まわりくらい大きく見えるくらいであり玩具の双眼鏡というより双眼鏡型の玩具といったものだったが、視界を遮って3人を見ると光るシャボン玉に包まれているように見えてそれはそれで味わいがあった。こんな感じ。

代々木で私が見たもの222のコピー
◆双眼鏡の玩具からの眺めの脳内記憶によるイメージ図
大きさはほとんど変わらないので、本当にこんな感じだ…。確認できるのは衣装が輝いており3人が細っこいことくらいだ。やはりなぜこんな絵まで描いてみるのか自分でもよくわからない。ややcosmicなのは私の頭の中がややcosmic味だからだろう。

☆MC
今回はサブ花道があり、あちこち移動してくれて、ああ武道館のときこうだったら…とちょっと思った。でも精一杯3人の名前を男声をだして叫んだ。(周りの人すみません。)お客さんにメガホンをねだるあ~ちゃん。何度なげかけられるも遠くの席へののっちの気遣いの言葉。かしゆかのトークが少なく寂しかった。時々マイクがキーンとしていた。

☆光
今回は会場全体を眺めたりする心の余裕とステージからの遠さがあったのでいろいろみていた。深いブルーのキラキラの衣装。2Fでもその輝きはごーかけんらんなのよ。であった。ただのスパンコールとかではないのか、反射しまくりだった。点在する非常灯のグリーンの光も宇宙感がありよかった。「願い」の時、花道前にたたずむ3人に虹色の光がかかっていて3人を祝福しているようだった。そして最初に戻るけれどフレームのから光が漏れる巨大な球体。いままで外でみたどんなイルミネーションよりキレイだった。

☆グッズ
星ガムは気になるが(振り回したい!)、PTAのTシャツをはじめ、フォントはプレイモービルっぽい(プレモも大好きなのでいいっちゃあいいけど)、ミラーボールの絵なのかわからないがあのネット状の球体やその他のデザインもどこかでみたことがある系の感じがする。

掟氏のブログの
「イラレで30分で作ったようなデザインのTシャツ(しかも男用は毎度くすんだ色限定)は買いづらいであります……生意気言ってすいません!次のツアーは前面ロゴだけのフツーにシンプルなぱふゅTシャツ作って下さい!」
発言に激しく同意する。
ロゴの横にちょっと☆とかついててもいい。…これはもうつくるしかない。

☆Pino
エスキモー&Pino最高。ライブへの後押しはもちろん、前の衣装も今回の衣装も気合いが入っていて凄く好きだ。Perfumeの衣装で何が好きかというのは迷うところだが、シクシクPVのが自分は一番かもしれない。今回もそうだが本当によく出来てる。さらにピノは美味しいからよい。

☆人
うっとうしく思う人もいるかもしれないが、私はPerfumeファンの人といろいろ交流を持ちたいとひそかに思っているタイプだ。PTAの人だったらなおさらで話しかけたくてうずうずするが、相手に不審がられてもいけない。だからぐっとがまんしていた。席の周囲の様子。後ろには4人くらいのファミリー(関西弁)。横には堅気ではなさそうなおじさんとバンギャ風女性(始まる前と終わった後は多弁だったが(関西弁)地蔵系。前にカップル。女子はドリームファイターコスをしていたので、お、気合入っとるとおもいきや、手のふりをほとんど知らないようで、ゆっくりと星を横に振ったりしていた。少しはなれたところに青Tの人が何人もいて心強い。2Fの気持ちは一緒だ。

帰りに美人猛者とその彼の好青年氏と酒をもとめふらつこうとしたところ、会場裏は工事現場みたいになって行き止まりだった。先を歩いていた一人の青Tシャツの人が行き止まりを教えるように手を振りながらこちらへ戻ってきて、その人に御礼をいいながら、ファンとの初交流に心をときめかした。

その行き止まりをさらに後続の青Tシャツ青年に教えると人懐っこい人で渋谷まで話しながら一緒に歩くことになった。あ~ファンかなと思ったら案の定そうで「先日のNHKの収録に当たりそこでNHK側に歌わされたDreamFighterのくだりはやっぱり現場でも微妙だったこと、でもそこで友達が出来それはmixiがらみの人でそれらの人はご飯を食べに行くが自分は学生でさらに今日はおばあちゃんの家にいくので打ち合わせには参加しないで帰りシャンデリアハウスをみるのだということ」を教えてくれた。
さらにその後終電手前の渋谷駅では、DISCO!DISCO!DISCO!と描かれたオリジナルT?を来た男性に「ディスコ!」と叫ばれたのでこちらも「ディスコ!ディスコ!」と叫び返した。どちらもいい感じに酔っていた。

☆果報者
会社のあ~ファンの男子(もちろんPTA)がワンマン初参戦にして一発で10日アリーナ5Aという幸運を射止めた!しかも結果会場についてみると
花道途中の柵前ときたもんだ!
彼のレポートによると、周りは黒ぶちメガネだらけだったそうだ。(彼も黒ぶち持参)、目が合うのは当然、願いの時に彼の真ん前であ~ちゃんが立ち止まった奇跡。
本当によかった!!!!自分のことのようにめちゃくちゃ嬉しい。100人ちょいの会社の中で2人もPerfumeのライブで柵前を当てるとは、凄いツイてる会社なのでは…ということはなく、離職者続出のトンデモ会社である。ちょっと嬉しかったのは、彼も密かに【ヤッター健康法】を何度かやってイメトレしたとのこと。怪しまずあきれずためしてくれてありがとう。ヤッター健康法の信憑性がぐっと増した!


伊藤さん

なんだかあまりに嬉しくて彼用に代々木座席表をつくってしまった。
縦の並びおよびBブロックは不正確だ。そこに彼が加えた自分の場所の図を彼のブログからとってきた。
まだその記事しか書かれていないご機嫌な彼のブログはこちらだ!
http://iysiysiys.jugem.jp/

☆Perfume
最高の幸運を射止めた会社の男子に
あ~ちゃんの足は激しいリハーサルのせいか傷だらけだったことを聞いて、胸が詰まりそうになった。色々な感想を書いたが、3人に改めて心からありがとう。

3人とも大好きだ!

追記1
★バックの中身
PTA会員証
お財布
パスモ
携帯
デジカメ
2007年タオル
虹色アクセ色々
化粧品
ペン※
※ペンは大事だ。アンケートを書くのだ。ついでに膝の上で書くと散々なことになるし書くための机も限られているので、硬い本なども持っていくと完璧だ。今回忘れて前回の裏うつりまくりの油性中太マジック同様微妙な思いをした。非常に乱れた筆跡のボールペンのアンケート&ブレた3人のイラストなど誰が見たいだろう。

追記2
☆9日or10日
10日のMCはものすごく気になるが、9日でよかった。やりかたがまずいし、結果として起こったことを考えると例のNHKの寒々しい演出と寒さは変わらない。蛇足だ。そんなことをするより、公演中にお客さんとして「ディスコ!」の意図に乗り、踊れなくても恥ずかしくてもいいから頑張って踊って踊って盛り上げたほうがましだ。

追記3
その他の画像少しもあわせてmixiのフォトアルバムにいれてある。

追記4
☆2009/5/9という日渋谷で飲んだ帰りにその後、清志郎のお別れにいっていた友2人と合流。1名はBLUEHERBを見た帰りであり、もう1名は札幌ピヴォから駆け付けていた。何時間もぐるぐるまわったそうだ。どちらもPerfume好きでもあるが、お別れ会はもうないのだ。大好きなアーティストが必ずしも=スターとは限らず、スターって良く考えるとなんだかわからないけれど、でもたしかにスターはいたのだ。そしてそんな人はほんとはめったにいない。格好イイ人だった。
FC2 Management

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Perfume |

【Perfume イラスト】PinoCM&NIGHT FLIGHT細部作り直しver

【Perfume イラスト】PinoCM&NIGHT FLIGHTキャビンアテンダント細部作り直しver

Perfume イラスト Pino Air Line キャビンアテンダント


間違い探しのような違いしかないが作り直した。
Pino Air Lineのロゴは可愛い。
あと言うまでもなく赤白の組み合わせはイイ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

好きなもの |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。