Star☆Rainbow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Perfume イラスト Take me Take meブラ子さん風

2月くらいから昼休みと仕事の定時の後、会社でちまちま描いていた。

3月16日に間に合わなかったあるものだ。
トゥワーと関係ないが
ハガキに印刷してプレゼントボックスにいれようと目論んでいたのだ。
※セットリストとも関係がなかった。

まだ手直しとかしている。改良のよちありかもしれないが
いつまでも終わらないのでいちど上げる。

Perfume イラスト ブラ子さん風Takeme かしゆか
Perfume イラスト ブラ子さん風Takeme あ~ちゃん
Perfume イラスト ブラ子さん風Takeme のっち



ブラ子さん風Take me
Take me Take meは3人それぞれのセクシーさがある。ものすごく好きだ。

かしゆかはこのポーズが最強!かしゆかのためにあるような曲だ。
あ~ちゃんはこの直前両手をイスについているポーズも好きだ。
のっちはほんとはイスに座った状態で上を向いている横向きのポーズが一番好きだ。

何故今、武道館Takemeということは置いておいて欲しい。


★苦労したところ
ブラ子風のつもりが毒虫小僧風の怖い絵にならないように気を配った。

本来なら本物のブラ子さんややプレモで…と行きたいところだが
現在作業場所と資力に問題があるので
とりあえず空想フィギュアや空想ドール図を描いてイメトレしているのだ。

検索で来た人すまん。
スポンサーサイト
Perfume イラスト |

両A面

両A面について

Perfumeのニューシングルの話であることを注記だ。

とてもキャッチーで良い曲と思う。個人的に凡百のアイドルとかアーティストの曲の中でPerfumeの曲は群を抜いてどれもクォリティが高いのは確かなのではないかと思う。捨て曲みたいなものがない。どっかで聴いたことあるような…では終わらない。懐かしいような新しいようなというのはまさにぴったりで、ものすごいことだと思う。がしかし、等身大女子目線、携帯がぶるったとかぶるってない系の以外の歌詞の曲がそろそろ聴きたい。「不自然」は服とPVと振りは奇矯だが、歌詞はそんなに不自然でなかった。真っ赤は衣装の色はとてもいい。

本人たちは意味のわかる歌詞で安心してたりするだろうか。
それはいいことかもしれないけれど、ただなんだか少しペラペラな感じがするのだ。
キャッチーなものはペラっていたりするからしょうがないのか。

シティだとかエレワだってとてもわかりやすい近未来感ではあったけれど、彼女たちの歌うひとつひとつの言葉が胸をさらった。意味はわからなくても意味なんてなくても、心を動かすこともできる。言葉の力をもっと信じて欲しいとか思う。セラミックなガールとは!?全く意味不明でも突き抜けていた。

のっちはシンクロニシティーンを聴いてどう思ったろうか。
私はシンクロニシティーンばかり聴いている。
悲しくなったりふざけた気持ちになったり心をもってかれる。

Perfume |

アバタートランポリンバンジーPerfumeファンクラブトゥワー3/16夜の部の話・2

2010-04-27 Tue 18:22にUPしたが間違って消したのでもういちど。
アバタートランポリンバンジーPerfumeファンクラブトゥワー3/16夜の部の話・2

主に3つの体験について書かれており、3題話風だが、ただ1日のうちにあったことで、それぞれ興味のない人にとっては全くどうでもいい内容であることを予め注記する。鬼のように長くなってしまったので前後に分けた。

3 Perfumeファンクラブトゥワー(3/16夜の部)
もちろん欠勤したのはこれの為だ。非常に個人的な嗜好に基づいた感想であることを予め注記する。かなり歯切れ悪い。

番号は2100番台で、家の者も仲良く80人くらい後。でも、会場では赤の他人である。先に入る。番号が番号で前に近づくことも、女子ゾーンでいい場所に収まれる期待も出来なかったが、なぜか女子枠はそんなに込んでいなくて、皆ライブ馴れしていないのか、女子たちは他の人と距離を大分空けてそれぞれ佇んでいた。ピンクTが可愛い女子多数。立っている人はいるがさほど込んでいない電車で、降りますといって戸口に近づくような感じで、すいすいと女子列の一番前の柵、隣壁といった好位置につくことが出来た。踊ったりはしないが、かなり激しく縦に飛び跳ねたりよろめいたときなどに柵や壁があるのがありがたい。人に迷惑をかけないよう動きを制御できる。女子枠はかなり後ろだったが、段差があり、柵の前段差下の男性軍の後頭部が首くらいに感じ、かなり会場全体をみわたせた。隣の後ろで髪を一本縛り系30代OL風の人は、柵に自分の服をかけ場所を確保しており(足元には荷物も!)、開演直前まで延々なにやら熱心にメモをとっていた。5つくらいあったモニターには3510のイラストが映っている。かなりシンプルなステージ。手品みたいな変なセットがあるなあと思ったが、何日も後に不自然のジャケのアレだとわかる。

Perfume_イラスト_ファンクラブトゥワー3/16夜女子枠最前うろ覚えの眺め

◆イメージ画像 いろいろうろ覚えというか手抜き絵。

★10年の軌跡
オープニング映像にぐっとくる。気合いはいってる。そういえば何度もこういう感じのものを見た気がすると思った。まさかそのときそれがいろいろ後を引くとおもわなかった。

★The Best Thing
3人は指の先くらいの大きさだが、ぼんやり表情もわかる。そして上半身はしっかり見える!!!
いいぞ女子枠。振り付けも可愛い。個人的に「NIGHT Firght」が⊿の中で別格だが、次に好きなのはこれなので嬉しかった。またトゥワー初お披露目のためにとっておいてくれたという話を後日レポで読んでグッと来た。

★I still love UとDream Fighter
………。どっちも自分の中では優先度が高くないので微妙な気持ちに。いや、いい曲だとおもうのだけど、シティとかエレワとかエッジとかのような強度が自分の中に感じられない。今回どの程度アンケートが反映されたのかわからないけれど、I still love Uは⊿のリード曲だそうで…(なんでナイトフライトじゃないんだ!)推したいのかなとか、Dream Fighterは普通の若者受けやスタッフ受けが良さそうで(じゃなかったらあんなエンドロール作らないだろう。)エレワに変わるアゲ曲にしたいのだろうか…とか、邪推する。………。雨後のたけのこのように乱発しているぬるいフェスとかにはいいかも…。でもさ。

★グッズ
今回一番良かったのがグッズ。3510Tがいい。男性には難易度の高い色に思われがちだが、青Tよりおサレにみんな着こなしていた気がする。そして復刻T!!!!!!!!!襟ぐりが広くなったのとピンクでなくともとか、後ろの3、5,10は来年以降全く意味のない数字になってしまう等少し気になるが、これは本当に嬉しい。ファンの声を汲んでくれてありがとう!あ~ちゃんメガネ、のっちUSBなど、前のエコ箸より全然グッと来る!!本当に気合いを入れてがんばったという感じ自分の資金繰りに難がありその場での購入は見合わせたが、絶対買う。ミサンガは…普通だろうか。かしゆかはキッチュなセンスもある素敵な子なのだから、無難にしないでもう少し冒険して欲しいと思う。

★MC
夜の部ということで、ぐだぐだになった3人とかを期待していた。ファンイベントならではの話もいろいろとか。もちろん3人がリラックスして楽しんでて、色々話が聞けるのは嬉しい…、が、3人がファンクラブトゥワーに対する感慨を見せたのは最初だけだった気がする。もともと武道館だろうが代々木だろうがとてもフレンドリーな3人のMCである。逆にあんま変わらん!!!!!!!!!!!!!と寂しくなる。ルーレット&ミニゲームもなんというかぬるいテレビ番組みたいだ。ご当地の物を食べるとか、食べてるところをみたいとか…。かわいい。かわいすぎるが…しかし。なんか、ぐだぐだでも過去曲でも何でもそれに対する感想とか、振り付けの話だとか、もう少し関連のある話を聞きたかった。

一気にブレイクしてしまい、かなり短いスパンで軌跡なんども振り返えさせられるというか言及されるシーンがあったり、求められたりしていたせいだろうか。そんな中、感慨を見せてくれというのはおかしな話だ。しかしあまりにも節目感は伝わってこなかった。

会場に立つ緊張は勿論あるだろう。でも何の会場に立っているかの緊張感は感じられなかった。自分には。
もちろん3人が本当はどう思っていたかわからない。良くも悪くも大変ナチュラルだったのだ。

リアルタイムで家に来たリニア。ファンデーションの曲と歌声で一目ぼれ、3人のキャラにヤラれてPerfumeラブ、昔の方がいいなんていいたい訳でなく、どんどん進むPerfumeの成長を楽しみについていこうと思っているだけだが、この時初めて「あれっ。」と思った。うまくいえないけどあれっと思ったのだ。
(2011追記:後で思うにPSPSみたいな気持ちなのかと、とてもフランクに変わらない3人であると同時に
どんどん3人がパーフェクトなスターになっていき、手が届かないような(普通届かないが。)
遠い存在にのがうれしいような寂しいようなある種気持ちの悪いファン心理によるものなのかもしれない。)


★著名人からのメッセージ
宇多丸師匠や掟氏はいいとして、にしおかすみことか宮川大輔とか関根まりとかは正直微妙。ここ数年の話だろう。本人たちも微妙な気持ちだろう。声もあまり上がらず、初めて会場との一体感を感じた。
それだったら、誰も知らなくても、スタッフさんとか、マネージャーさん(前のでももっさんでも)とか、被ってもMIKIKO先生とか彼女たちを支えた、支えている人のコメントを見たかった。中田氏はちらちら斜め上を見ていた。時間が気になったのか。
★ナチュラルに恋して
ファンの前で初お披露目というのが大変嬉しい。この曲で一番好きなのはパヨーンという音だ。個人的にはNBBは地味なOL服という位置づけ。普段の衣装とも関係なさすぎ。ただ3人の起用と音楽でブランドとしてもリフレッシュ効果、若い娘さん向けのCM効果はとてもあるのではないだろうか。のっちがワンピ着てるよ。光ってるよ!あ~様の足上げ可愛い。かしゆかの埃を払うような振りも気になる。私事だが15年以上前に買ったNBBの灰色のスーツはこないだ捨てた…とおもったら最近出てきてなんとなく捨てれなくなってしまった。

★メドレー
メドレーというカタチでもイミテーションワールドは大変嬉しい。可愛い曲だもの。ギャーといって暴れてしまった。周りの女子はギョッとしたかもしれない。ただ、カラオケのメドレー振り付け付きみたいな感じもした。

★声出し
が、最近冗長さとマンネリ感を感じる。trfもうるとらそうるも、もういいんでないのか。歯磨きの歌。かわいいよ…。歌えるよ…。でも少し辛い。Zeppでそれをやる違和感も面白がれる脳は無い。あ~様ごめん!


★チョコ、パピラ
いつもの。でもいい。いい曲だ。

★スウィートドーナッツ
やっぱいい。キュンキュンしてる。

★wonder2
願いよりも断然こっち。


そんな感じで終わった後、家の者と落ち合い、もやもやを話し合ったが、やっぱりもやもやするということで意見は一致した。家の者はもっと厳しい意見だった。

★セットリストについて
ボリュームが少ないことはいい。がしかし大変疑問。どのくらいアンケートは反映されたのか!!
DF、IstillはPerfumeとして推して行きたいものなだけな気がする。
節目なら、シングルをピックアップするとか、毎度感があったとしてもポリとか
大事な曲はもっとあるだろう。ジェニーもいいがここは「Perfume」ではないか。
The best thing&ナチュラル初お披露目がファンの前でしてくれたこと、
リクエスト反映のイミテーションワールドは素直に嬉しい!!

ではライブを重視しなかったとして、節目イベントとしてどうだったかといっても
先に書いたように、節目間があまり感じられなかった。

どちらも中途半端な印象。さらに今回は、リクエストを反映させようという試みとか、充実したグッズとか、
映像などスタッフさんの気合いもこれまでにないほど随所に感じられただけに、ちぐはぐな印象を受けた。
それがPerfumeのよさなのかもしれない。

※ただし第一希望の横浜が外れて第二の東京になったのだが、後の募集で横浜にも若干の余裕を見てなんだかなあと思った。数の調整は必要だろうが、MAXで詰めても外れが出たとの説明が虚しい。

以上の感想を500字にまとめてスルーされても良いから真面目にファンクラブに送ろうとぼんやりしているうちに、4月10日を過ぎてしまった。


攻めの年という。
攻めならば、DF仕込みでぬるいフェスにいろいろに出るだけでなくもう少しいろいろ考えて欲しい。
攻めならば、児玉さんにPVを。
攻めならば、幻想のお茶の間&同世代女子受け狙いの等身大女子目線曲だけでなく、
      もう少しエッジの効いた曲を。
攻めならば、MCも手入れを。

などと勝手なことを思う。


これからなのかな。

個人的には
トランポリンバンジーが一番面白かった一日だった。



追記
本当なら横浜千秋楽アリーナE7列では戸田13列よりも3人が近い瞬間があった!ことなどを
書こうかと思っていたら年が明け、桜も散ってしまった。

Perfume |

アバタートランポリンバンジーPerfumeファンクラブトゥワー夜の部・1

間違って消してしまったので再度。
主に3つの体験について書かれており、3題話風だが、ただ1日のうちにあったことで、それぞれ興味のない人にとっては全くどうでもいい内容であることを予め注記する。鬼のように長くなってしまったので2つにわけた。
トゥワーの話 こっち

放たれたものは放たれたもの。どうなるかわからない中、でも放つもの。
生きているすぱあくですよ。
もし好きにやれないのなら、結局いつ死んでもいいのだ。

3月16日
なんでいま3月16日のことを書くかといえば、いろいろあったからだ。そして今もいろいろある。
会社を欠勤。欠勤しないとならない用があったのだ。

1 アバター(内容に抵触している部分がある)
川崎でアバターを見た。重要なことは川崎で見たことだ。私は立体映像や立体写真がものすごく好きだ。(一時期はやった砂嵐見たいのはちょっとこっぱずかしい。)子供の頃家にあったビューマスターは宝物だった。


viewmaster
◆ View Masterをご存知か。

ビューマスターにはディズニー映画?の色々なシーンの立体写真がついていた。レンズから見ると人形アニメやセルアニメが立体で浮かび上がる。飛びたたんとしているダンボの耳の立体感、浮遊感やフックの地図の上のティンクが羽根を透かしているシーンは小さな箱に本物が入ってるみたいで、子供心をわしずかみした!中でもお気に入りだったのはプーの人形アニメのワンシーン。木の洞の家の精巧なセット、たたずむプー。その中だけの光、止まった時間。NO MORE肉色顔ネズミ、原作支持派ではあるが、そのシーンはもう心にしっかり焼きついている。その時と【女の60分】を見てから、模型や食品サンプル、人形作りへの夢が生まれる(球体関節でなく。※可動自体はいい。)

これは立体映像や画像の時代が来るぞと思いつつ成長するも猫も杓子も赤緑メガネという時代にはならなかった。次に衝撃を受けたのは、20年ほど前にPCエンジンだかのゲームで3Dダンジョンを探索するゲームを見たとき。(ブラックオニキスみたいな線でなく!)こりゃあ3Dの時代が来るぞと、いろんな世界に入れるんだ!!!と夢見つつ5年後。15年ほど前の私は私はバイト代を握り締め3DOリアルを買った。(※その後ゲームをつけて2万で売る。)カクカク顔の乙女も見目麗しく変身し巨乳も滑らかに揺れ(ティンクルベルって凄いね!)、アイマックスシアターが建ったりつぶれたりしてしみじみしていたところにこの立体映画ブーム!いい時代。

でアバター。川崎のアイマックスの映像がいいとのことで16日にあわせ行くことになった。感想:ものすごい良かった。飛び出しまくりで、こんなことしたい、見てみたい!の夢の映像が次々に。無重力空間でいろんな奴がフワフワしているところで目覚めたり、液体で寝てるアバターを見物したり、かっこいいラボを歩き回ったり、幻想的な森の探索だの飛龍に乗って飛びまくり!

トランポリンバンジー2
◆これですよこれ。
ストーリーは世界樹とそれに関するいろいろといったなかなりありがちなもので、兄さんの話はどうなったんだとか、何のための学校だったのかとか、もう埋まってるブツはどうでもいいんだみたいな展開や、カタコトの人のモノマネをしてますよみたいな吹き替え、アバターがライオンみたいに鼻柱の幅が広すぎで個人的に非常に苦手な顔>>手塚治虫のILに出てきたヘビ女みたいだったり、中村獅童みたいなやつがでてきたり、なぜシガニー・ウィーバーの顔だけあまり変形されてないのかとか気になることはあるが、そんなものはかなりどうでもいいほどよかった。映画力だ。幻想も戦闘もやりたい放題。あと大佐強すぎフリーダム!!

「コララインとボタンの魔女」(面白かった!)を豊島園だかで見たときとメガネも違って、軽く、さらに飛び出し具合が違った。どちらでもアリスインワンダーランドの予告をみたのだけど、チェシャ猫の飛び出し具合が違った。3Dを見るなら、事前予約と、川崎、菖蒲、名古屋、箕面の109シネマズがオススメだ。(調べた。でもこれから増えるのではないだろうか。)

その後、川崎のラゾーナだかのティーヌンに入るが、タイカレーラーメンだかは、麺がどんぶりの底で固まっており、トムヤムラーメンはどうでもいい味で、勉強にはなったが料理人と店長が心を入れ替えるか他の料理人と店長に入れ替えしない限り全くオススメしない。

川崎を後にして浜松町。ゆっくりと人生初キンコーズ。ある物を印刷しようとしたが、紫がデニムみたいな青になったりして全く良くない。印刷とCMYKをなめていた。また出直すことを決める。

2 トランポリンバンジー(正式名称不明)
場所はお台場。ここで時間を潰さなければならなくなった。ヴィーナスフォートには全く用はないが、ぐるぐる何周かしてみる。何かを求めて来たカップルがそぞろに歩いている。暇だ。そんな時見つけたのがトランポリンバンジー。(正式名称は知らない。)まばらな同志であり他人である人たちが、ぼんやりいる中、家の者とやってみようということになる。私は超チキン野郎で、ビックサンダーマウンテン以外のジェットコースターは全て目を閉じて乗るし、(スペースマウンテンは時折薄目を開けることもできた。)※いずれも10年以上前に数回だけだ。ブランコでも高く漕いで少しでもおなかがキューとなるともうだめといった按配だが、アバター見て気が大きくなっていたのか、鳥の視点、神の視点、滑空感、空を目指す感触を得たくて、チャレンジした。家の者を見て気づいていたはずなのだが、背中に保定された赤ちゃんのような格好。ドッキリカメラみたいなメット感。かなり間抜けな感じだが大変面白かった。係の人にチキン具合を伝えていたので徐々に高くなるよう調節してもらったのだが、フワフワ楽しい。ポンポン飛んでるのである。ガラスの仮面のパックになった気分。
「よし来たホイ来た韃靼人の矢のごとく」である。
家の者は途中で飽きたらしいが、これはオススメだ。なお体重制限70kg

トランポリンバンジー1
◆ケローン

未分類 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。