Star☆Rainbow

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地獄先生

ハイファイ新書を待てず、相対性理論の地獄先生をituneストアで買った。
ものすごくいい。ボーカルがもう悶絶である。
LOVEずっきゅんとかスマトラ警備隊のときの声とはまた違って
もうちょっと危うく色っぽい感じのキュートさだ。不安定な声が途切れる感じ、
声になってない声に切なくなる。音もまた凄くよい。歌詞はもう少し具体的な感じ。
私には音楽脳はないし、文化にも詳しくないので
あーだこーだいえないのだがそんな触感がした。

先生にときめいたりこんな想いをしたようなことはないが
そんなことが、あったような眩暈がする。そしてなんだか悲しい気持になるのだ。

そんな女子ではなかったが
たしかに、そんな季節の元にいた。
そして誰もそこには留まれなかった。

ノスタルジーを感じるとかとも違う。少女マンガをやってるのとも違う。
あったし、なかった世界に眩暈がするのだ。

こんなことをやってしまうベースの真部さんという人は凄い人だなと思う。
遊ばれてるのかな。とも思う。

これは全く個人的なことだが、とても好きになったと同時に
とても沈んだ気持ちのトリガーになっている。
色恋がどうのこうのという意味で無く。なんでだろう。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

好きなもの |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。